しらべぇ

自分のことを美人だと思ってる女性は12.8%!男がみんな赤面するほどの自称美人も

男女

10569157_597989890320126_88746790_n

よく、「美人は得をする」なんて言いますよね。プレゼントや食事代などで、年間およそ100万円分も得をしているという話も聞いたことがあります。ところで、美人の基準ってなんでしょうか? どんな人が「美人」かというのは人それぞれだと思います。よく男性同士で、「この写真の中で誰が一番美人だと思う? せーのっ!」ということをやっても、全員一致することは少ないのではないでしょうか。

では、男性に聞くよりも女性に聞いてみようということで、しらべぇ編集部ではこんなストレートな質問をぶつけてみました。ずばり、「あなたは自分を美人だと思いますか?」。20代~60代の女性750人を対象にアンケートを実施しています。

結果は、

・自分は美人だと思う:12.8%
・自分は美人だとは思わない:87.2%

となりました。日本人女性の10人に1人以上は自分のことを美人だと思っているということですね。

そこでさらに、「なぜ自分を美人だと思うのか?」ということを聞いてみると、以下のような意見が寄せられたのでご紹介します。

■自分で気付いた

「目がぱっちりしているから」(女性20代)
「鏡を見てきれいじゃーん。と感じたことが何度もあるから」(女性30代)
「自分で鏡を何度見てもそう思うから」(女性40代)
「男性とよく目が合う」(女性50代)
「26才からオーガニックの食材をとっているおかげか、お肌は白くてすべすべ。自慢である」(女性60代)
「男性は、私と目が合うといつも顔が赤くなります」(女性30代)

自分のことを見て、私って美人かも! と気付いたパターンです。寄せられた意見の中で、60代女性が最近話題の「オーガニック食材」を約40年前から食べていたことには驚きました。そのような美意識の高さが自信へとつながるのかもしれませんね。

■他人から言われて

「小さいときからずっとそう言われてきたから」(女性50代)
「モテていると周りの友達から必ず言われる」(女性20代)
「化粧をしていなくてもナンパされるから」(女性20代)
「街中で、他の女性は私を見て羨ましそうな顔をしています」(女性30代)
「ずっとチヤホヤされてきたので、そうなのだと思う」(女性40代)

「塵もつもれば山となる」ということわざのように、他人の褒め言葉がつもれば大きな自信につながるようです。たとえ何歳になっても、褒め言葉は嬉しいですよね。筆者も他人から言われた数少ない褒め言葉は心のアルバムの中に大切にしまってあります。

■昔はそうだった…

「美人だと思う。痩せていたときは」(女性30代)
「痩せていた頃は、わりとモテた」(女性30代)
「青春時代はモテたから」(女性50代)
「レストランに入ったときに一瞬ざわめきが消えてみんなこちらを見たものよね。まぁ、昔の話…」(女性60代)

若かったときは…、痩せていたときは…という過去形パターンです。レストランに入ったとき注目されるというエピソードは、まるでドラマのようですね。うらやましいです…。

美人についてのエピソードで、「日本では全くモテなかったが、海外ではすごくモテた」という話や、「1000年前は現代の美人といわれる芸能人のような顔はモテなかった」という話も聞いたことがあります。やはり時代や地域によって、そして個人においても美人の基準は違うようです。つまり、美人だと思うか思わないかは、あなた次第ということかもしれません。

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2014年7月22日(火)~7月25日(金)
対象:全国20代~60代 女性ユーザー計750名

(文/しらべぇ編集部・八木彩香

関連記事

WEBアシスタント募集中 WEBエンジニア募集