【人生で髪型が決まったと思えた事が一度もない】そんな貴方に捧げる耳打ち。


kami

 

自分の髪が決まっていようがなかろうが特に気にしたことのない35歳、脂の乗りはじめた(腹に)美容師の木村直人です。割と美容師、頑張ってます。

さて、また唐突にしらべぇ編集部からアンケート結果がさりげなく送られてくるわけなんですが…

【人生で「髪型が完璧に決まったと思えた日」が1日もない】

タイトルを見ただけで空を見上げてしまい世界の中心に向かって愛を叫びたい。こんな衝動に襲われるくらいネガティブですよね。意外とこういうネガっぽい感じ好きですし、僕らは完全に受け止めて粛々と技術、情報発信において研鑽を積まなければならない。まあ、こういう風に思うわけなんですよ。

とりあえず年代別にアンケート結果を見てみましょう。

【人生で「髪型が完璧に決まった」と思えた日は、1日もない】
(この項目に「あてはまる」と答えた人の数字です。20代~60代の男女750名ずつ、計1500名に聞きました。調査元:インターネットリサーチ「Qzoo」

全体:25.8%

男性:26.8%
女性:24.8%

20代:33.0%
30代:31.7%
40代:22.0%
50代:21.7%
60代:20.7%

男性20代:35.3%
男性30代:34.7%
男性40代:27.3%
男性50代:15.3%
男性60代:21.3%

女性20代:30.7%
女性30代:28.7%
女性40代:16.7%
女性50代:28.0%
女性60代:20.0%

これは…

これを見てどう判断すればよいのでしょうか…??

「だから?」

と言われてしまうと話が終わってしまう内容ですが、じっくり見てみましょう。

■どちらかというと男性の方がナルシス… 髪が決まった!と感じていない。

これは興味深いですね。特に男性20~30代の決まってない率はかなり高い! と言えるでしょうか。

これはどうなんですかね? 確かに男性の方が髪に対してのこだわりが強いように思います。そしてその逆もしかりで、美容師のクセに自分の髪型に全く興味がない、こういう僕みたいなタイプもいるわけなんですよ。

【実感論】
「どちらかというと髪にこだわっているメンズの方がモテている」

実感論ですが、髪にこだわっているメンズに話を聞くと「女の子に困っている様子がない」んですよね。そしてちなみにイケメン度合も高いですね。それを象徴するかの様な数字とも言えます。

逆にこだわってない側の方はもちろん興味もないわけですから、「決まってない!」などとはあまり思わず、僕のように粛々と日夜励まれていることと思います。誠にお疲れ様です。

つまり分析する所やはり…

「モテたい!」

わけです。ここはやはり、こういう結果を見て我々も励まなければなりません。

■女性の40代から上の「決まってない!率」の低さ

そして注目するべくは女性の40代から上の「髪型満足度の高さ」に注目してみましょう。

これに関しては容易に分析できます。それは…

「頻繁に髪型を変えない」

そう、その辺りの世代から女性は髪型に対して安定感が高くなるケースが多いのです。

来店された時も「前回の感じで」とオーダーされる方が多く、どーんと構えておられ、大胆にスタイルチェンジを行う方は少ない。

デザインというよりは調髪という感覚の方が多いのではないでしょうか? その辺のアルゴリズムに関しては解明出来ていませんがこの辺も実感論ですね。

■男性にせよ女性にせよ20~30代の方が髪型が決まってないと感じている方が多い。

まあ、やはりアクティブ層ですからね、その辺りの心境はもちろんわかります。

なんですが、そう感じる理由としては、案外盲点な所でミスジャッジを犯していることも多いのです。

【頻繁に髪型を変えようとしすぎなのでは?】

そう、20~30代におけるオーダー変動は計り知れないものなのです。

毎回「どこか変えたい」「雰囲気を変えたい」「前回とは違う色で」この様にオーダーしている方が多いのではないでしょうか?

そうすることでヘアスタイルにも厚みが生まれず、切り取り続ける、傷め続けるアクションを続け、「無理して髪を切り失敗」「染めすぎてダメージ度合いが手遅れ」などの要因で満足度が下がっているなどの事はありませんか?

どちらかというと髪の満足度を上げるには「出来るだけ状態を整えてからスタイルチェンジする」「無理して切らない」などのアクションが必要なように思います。

後は…

「何故そんなに変えたいのか?」

ということを考えた事があるでしょうか?

半ば都市伝説的に、「周りのみんながそうだから」なんて事ってありませんか? ある種そういった「呪文」の様なワードはこの世界には多数存在します。

自分をしっかりと持ち、呪文に惑わされずヘアスタイルを決めていく事が、このアンケート結果のパーセンテージを変えるのではないでしょうか?

我々も粛々と満足度を高められる様に日々精進したいですね。是非参考になさってください。

最後に一言いいですか?

【まじくだらねー!】

なんというくだらないアンケートなのでしょうか…

ま、んでもこういったくだらなさが好きで書いているわけなんですが、ちょっと最近後悔してますね。また一方的にアンケート結果は送りつけてこられるのでしょうか?!

続報を待て!それでは。

(文/美容師・木村直人)

kimuranaoto