急ハンドル急発進にはご用心!特撮的安全運転のススメ【出口博之のロック特撮】

こんにちは、白ポロ+眼鏡でおなじみのMONOBRIGHT、ベースの出口です。

読者諸兄姉のみなさま、クルマの運転はお好きでしょうか?私は出身が北海道でして、道幅が広い直線の道路に慣れているので、都市部の入り組んだ細い道の運転はいつも緊張してしまいます。

特撮には実に多くの特殊な乗り物が登場します。それをどんな悪路でも自在に乗りこなすヒーローは頼もしく格好いい事この上ありません。

「自分もヒーローの様に運転が上手くなりたい」とかねてより思っていたので、今回はカッコいい乗り物を安全に運転するには何が必要か、考えてみたいと思います。


 

どんな時も迅速に現場に急行!ヒーローたちの大事な足

まず、ヒーローの代表的な乗り物は一体なんでしょうか。それは、仮面ライダーが決定付けた乗り物、バイクです。

単身バイクに跨がり颯爽と敵陣に乗り込む姿はヒロイズムに溢れます。この格好良さの起源を考えると、馬に股がり先陣を切って敵陣に突撃する戦国武将の姿を連想せずにはいられません。しかし、ヒーローにとって切っても切れない関係のバイクですが、クルマに比べると事故の危険度は高いです。

ヒーローたるもの、いかなる時でもお手本になる運転をするのが当然ですが、宇宙刑事ギャバンの乗り物の乗り方はお手本にしてはいけません。

ギャバンが駆るサイドカータイプの乗り物「サイバリアン」は、通常運転の場合は運転席に乗り込みますが、魔空空間(敵が作り出す良くない空間)に突入の際はサイドカーに立ち乗りをしながら魔空空間に突入します。

写真1

これは宇宙刑事だけがなせる技なので、お手本にしてはいけないのです。


 

1人の暴走はみんなの迷惑!?協調性ある運転を身につけよう

一方でスーパー戦隊シリーズの乗り物の代名詞と言えば巨大ロボでしょう。メンバーそれぞれ運転する乗り物が合体し、巨大ロボに変形する場面は全シリーズ共通の屈指の見所です。メンバー全員の呼吸を合わせ、一糸乱れぬフォーメーションで完成する合体は安全運転を極限まで高めたからこそできる技です

実は、この変形や合体ギミックが登場するのはシリーズ第4作目「電子戦隊デンジマン」からになります。主役ロボの合体変形機構については、デンジマン以降から様々なアイデアが投入され、現在に至る流れが徐々に確立されていきます。

図1エンシ_ンオー写真

巨大ロボに合体変形する乗り物の種類で一番多いタイプは、やはり車両や飛行機等の現実社会に則したものになります。それ以外は動物や恐竜、架空の生き物などを模したものとなっています。


実際にメカを運転するにあたっての注意事項

みなさまの多くは普通免許を所持していると思いますが、上記の乗り物に搭乗する際は普通免許だけでは搭乗する事はできません。どのメカを支給されても戸惑わないように、大型免許・牽引免許・大型特殊免許辺りは必ず取得しておきましょう。

それに併せ、空を飛ぶ乗り物(飛行機やヘリコプター)もあるので、こちらも必要です。しかし、車両の免許に比べると難易度が少々高いのも事実ですが、航空機の免許を所持していればチームにかなり貢献できるので、頑張って取得を目指しましょう。海外への留学訓練であれば、短期間で低費用取得が可能です(注:この場合、国内での再訓練必須)。

動物や恐竜、架空の生き物を模した乗り物の多くは、メカ自体に「自らの意思」がある場合が多いので、搭乗者の運転技術はそれほど問われません。搭乗メカとの信頼関係を築くのが上手に乗りこなす近道となるので、普段のコミュニケーションの時間を大切にしましょう。

いかがだったでしょうか?

現在放映中の烈車戦隊トッキュウジャーは列車、仮面ライダードライブはクルマと、今活躍しているヒーローのモチーフが乗り物であることから、男子の憧れは「カッコいい乗り物」である事は揺るぎない事実なのです。

なので、普段から世の男子達が憧れる「正しくカッコいい安全運転」を心がけるのが、私達大人の役目ではないでしょうか。スマートな安全運転は、女子にもモテますしね。

(文/MONOBRIGHT・出口博之

あなたにオススメ