【調査】美容師と会話したくない人は50.3%!モヤモヤしたエピソードは?

ライフ

2015/02/06 06:00

アサと美容院

髪が伸びるたびにサッパリとした気分になりたくて、訪れる美容院。しかし、「美容師との会話がどうもめんどくさい」と感じる人も少なくはないようだ。

そこで、「美容院で美容師と会話したくないなと思ったことのある人」の割合を、アンケートサイト「マインドソナー」を利用して調べてみた。


 

関連記事:美容院では異性に切ってほしい? 男女の望みはなぜここまで違うのか

 

Q.美容院で「美容師と会話したくないな」と思ったことはある?


会話したくない

・会話したくないと思ったことがある:50.3%
・思ったことはない:49.7%

ほぼ半数ずつに分かれる結果となった。とくに20代〜30代女性では、6割以上の人が美容師との会話に不満を持っていた。美容師が一生懸命にあらゆる会話を駆使してくれるのにも関わらず、客側としては「会話したくない」と思う日もあったようだ。


■「会話したくないな」と思ったエピソードは?

客はどのような時に「会話したくない」と思ったのだろうか。「別に話す必要もない(41歳女性)」「必死に会話のネタを探してる姿がイヤ(27歳女性)」などという意見もあったが、美容師との会話には「めんどくさいなぁ」と思う場面は少なくないらしい。


・3年近く通っている美容院で「彼氏とは上手く言っているの?」と聞かれるけれど、いつの彼氏の話をしているのか分からない。いつもテキトーに「はい」と答えてる(34歳女性)


・美容院に来てまで仕事の話をしたくない(28歳女性)


・若い美容師が何を話して良いのか悩んだらしく「最近の政治はどう思いますか?」と聞いてきた(48歳女性)


確かにどのエピソードもストレスがたまりそうだ。せっかく美容院に来たのにも関わらず、モヤモヤした気分になるのはもったいない。かと言ってはっきり「話したい気分じゃない!」というのも気まずいような気がする。

一体どう対処したら良いのだろうか。「ファッション誌を必死に読むフリをする」「本や仕事を持ち込んで集中する」「目をつぶってネタふり」などの方法が考えられるが…。

ある美容院では、施術前に客へアンケート用紙が配布され、髪型の希望や体調とともに、

・雑誌を読みたい


・美容師と会話を楽しみたい


・髪型の確認以外は話しかけないでほしい(ゆっくりと休みたい)

など、当てはまる項目に印をつけることで、客の要望をかなえる取り組みがされているという。それだけ美容師も客との会話に悩んでいるということなのかもしれない。

美容師の皆さん、他にも何か客側としての良い対策法があったら、ぜひお教え下さい。

(文/しらべぇ編集部