「選挙カー」ってウザいけど意味あるの?【お前らの知らない選挙の実情】


山本一郎です。「しらべぇ」ではご無沙汰です。別に原稿執筆のギャラが安かったから仕事として後回しにしていたわけではありません。誤解です。

冒頭に読者置き去りの言い訳を存分にしたところで、統一地方選挙後半戦も終わりまして、そういえば「選挙実務と得票の統計」について書いてる記事少ないよね、と思い立ってしらべぇに原稿を書く気になってきました。

まず第1回目は、うざい選挙活動の代名詞である「選挙カーと得票の関係」ってどうなのよ、という話です。

実はこの辺の分野は調査が進んでおりまして、結論から言うと「効果がとても高い」ので、選挙活動の移動時間には必ず行うべき基本動作になっています

しかしながら、休みの日などに大音量で候補者名を連呼する選挙カーがやってきてせっかく昼寝して静かになってくれた幼い我が山本家兄弟が起床しようものなら、速やかに川崎重工業に電話して対戦車ミサイル「01式軽対戦車誘導弾」を取り寄せ、選挙カーにぶち込んで候補者ウグイス嬢もろとも無言の帰宅を強要したいと思うぐらいに殺意を抱くのも事実です。

少し古い数字ですが、2005年から2009年の地方選挙において、「地区別の候補者の活動」と「地区ごとの得票数」についてサンプリングをまとめた数字をグラフにしてみるとこうなります。

sirabee_senkyo_car_graph-1

単純な話、知名度が低くても、当選回数が多くても、その地区に選挙カーを使って名前を連呼している候補者は地区の得票を増やしていることが良く分かります

これらの街頭演説や支援者の会合出席などの変数を除いた数字でA/B分析をやるわけです。

選挙カーのみでの地区活動をした得票数と、選挙カーでの名前連呼さえもしなかった地区の得票数は、若干開票所の担当エリアの被りや異なりがありつつも、ほぼ一貫して「回数多く選挙カーで名前を連呼した候補者は、その地区での得票は増える」傾向があります

要は、みんなウザいと思いつつも、選挙カーでの名前連呼は選挙戦術上どうしても外せない作戦なのです。

またこのグラフからは影響を排除していますが、得票が増えている地区では、選挙カーでの名前連呼に加えて街角での演説会や支持者からの要望という建前を使った支持者集会や弁論会なども開催しており、基本的に「よく足を向ける地区は支持者が多く、選挙カーで名前を連呼しやすい」わけですね。

 

■迷惑がらせてでも、名前を知ってもらった者の勝ち

Loud noise
©iStock.com/ATIC12

一方、そういう選挙カーがウザい、そういう候補者には絶対に投票しないと思う有権者も多いわけなんですが、実のところ、それが罠であります。

興味関心のない候補者が選挙カーで名前連呼して不愉快に思ったところで、もともとその人はそういう候補を知らなかったし、投票先にはならないのです。さらに、簡単なアンケート調査においてはそういうウザい選挙活動をしていた候補者のことを、4年後の次の選挙では名前もしでかしたことも忘れているのが実情です。

それゆえに、選挙においては「迷惑がらせてでも、名前を知ってもらった者の勝ち」であると言えましょう。

さて、効果はまああるんだろうと思われる選挙カーですが、先日の朝日新聞にこんな記事が出ていました。

選挙カー、名前連呼には理由があった ところで効果は…

記事中、山形選管のアンケート結果も同時に乗っかっていますが、「連呼を参考に投票先を決めた人は0.4%」と言います。確かに、「参考に投票先を決めた」とのことで、率でいうとそんなものでしょう。

おそらくは、そういう選挙活動は輻輳(ふくそう)的に複数の要因が重なって得票数が出るものと予想されます。つまり、街角のビラ配り同様、そこにいる、何かあることが重要なのです。政治家としての中身や本質は問題になりません

例えば、私のような42歳、心技体ともにおっさんである人間からしますと、駅前でコスメやヘアカットのビラが配られていても「死ね」としか思いません。邪魔です。資源の無駄遣いです。

しかし、化粧品に関心のある人にとっては貴重な情報なので、通りかかる10人に1人にしか意味のない情報伝達をするためのビラ配りだとしても、商売をやる上では認知が大事だということになります。「効率が悪く、効果が乏しい」でも「必要な人がおり、その人に対してリーチし、知ってもらう」必要があれば、選挙カーでも街角のビラ配りでもやるしかないのです

 

■有権者の1%も得票していなくても当選…

翻って、選挙においてはもっと切実なのが、定数に比べて候補者がそれほど増えているわけでもないのに、得票数の減少で非常に少数の得票で議員ができちゃう点です。

とある政令市議選では、候補者が定員以上立っておりちゃんと市議選にはなったのですが、30万人以上の住人のいる区にもかかわらず議員になった最低得票は3000票を切っています全市民の1%も得票してない市議ってさすがにまずいだろ。明確に市民から支持されているとはいえず、請託も受けていなさそうな低得票当選者でも、建前上は市民の代表であることには変わりありません。

これって「地方政治自体をやる意味があるのか」「地方議会が機能するのか」「民主主義として望ましいのか」といった、いろんな思いが去来します。無投票当選よりはまし、というレベルです。

そういう世界においては、投票で自分の名前を書いてくれるかもしれない1000人の浮動票中数人の有権者に対して、名前を知ってもらうことが当落を分けます。身の回りの住民やお勤めの会社その他、頼み込んで投票してもらうだけでは足りない場合は、そういうわずかな割合でも1票でも多く確保しなければならないのです。

そのわずかな票を確保するためには、公職選挙法上認められた最大限の活動をする必要があって、それを考えると特に支持先のない無党派1000人中996人に嫌われても4人に投票してもらえれば良いと判断されるケースが多いわけであります。実際、そういう996人に嫌われる人が当選して議員回数を増やしているわけですから、選挙カーがなくならないのも当たり前のことです。

そんなんで、有権者を省みない政治家や候補者ばかり大丈夫か、という話はあるわけなんですが、それもこれも、お前らが投票にいかないからクソみたいな候補者ばかりが地方選挙に出て税金もらって馬鹿みたいな地方議会をやってるんですよ。

有権者が有権者を代表している政治家を馬鹿にしているというのは、その有権者が馬鹿で役立たずに他ならないのだ、ということをよく理解して、今回統一地方選挙があったにも関わらず投票に行かなかった人は、よく反省するか、政治家を馬鹿にする前に自分で立候補しましょう。

次回は「お前らの知らない選挙の実情」その2、選挙統計から見えてきたいわゆる「負の支持率」について語ります。

(文/山本一郎