高級中華料理の味を激安で!安すぎてギャップ萌えする居酒屋って?

コラム

2015/06/17 17:00

こんにちは。フリーアナウンサーの西島まどかです。

あの、ギャップって、大事ですよね。ツンツンしがちな甘えん坊、メガネを取ったら美少女(古い)……。ちょっとしたギャップにキュンとするのは定説です。

ギャップ萌え、居酒屋で感じてみませんか?

IMG_7439

東京・神田の「鶴亀」は、大衆酒場なのに本格中華メニューが楽しめるお店なんです。なんとも落ち着くビジュアル。赤ちょうちんが輝いているゥ。

IMG_7451

酎ハイを頼むと、なぜかパイナップルとともに提供されます。

「なぜパイナップルが?」と店員さんに聞くも、特に理由はないらしく返事しにくそう。困らせてゴメンね…。

店内にはメニューの短冊がずらっと並んでいて、ホルモン焼きやタコブツ、冷奴にマグロ納豆など、日本の酒場らしいメニューもたくさん。そのなかでぽつぽつと光る中華メニューにキュンとします。

メニューを眺めて驚くのが、その安さ。ほとんどのメニューが400円以下です。宴会コースに至っては、料理10品で1480円~!

そんな中、他と比べてちょっと高めなメニューが、餃子(600円)と麻婆茄子(500円)。

IMG_7447

出てきてびっくり。この大ぶり感は、餃子専門店にも負けません。

皮に厚みがありモチモチ。噛んでじゅわっとくる肉汁に良い意味で裏切られます。美味しい。これで600円ならむしろ安い!

IMG_7444

麻婆茄子は優しい辛さでとろみ強め。アッツアツでの提供も相まって、酒場にいることを忘れそうです。

他にも中華メニューを…と店内をキョロキョロして、目にとまったのがピータン

ピータンって、高級中華料理で出てくる、アレですよね? いやいや、酒場で出さないでしょう~。ハーン、わかったぞ。ピータンって名前の別な何かなんでしょ。だまされないもん!

IMG_7449

うん、これはあのピータンですね。思いがけないホンモノの登場にテンションが上がります。

しかし高級食材のイメージが拭えず。でも~お高いんでしょう?? と値段を見ると320円! ギャップありすぎです(嬉)。

写真 (2)

酎ハイ2杯に、これだけ食べてお会計は1人1200円ほどと、もはや「せんべろ」レベルでした。最後まで驚かせてくれちゃって、惚れちゃうぞ。

本格中華メニューが楽しめるのに、お財布にやさしい大衆酒場。このギャップ萌えをぜひ、あなたも。

(文/フリーアナウンサー・西島まどか


あなたにオススメ