鼻クソに負けるな!耳アカや目ヤニを「食べたことがある人」を大調査

グルメ

2015/08/13 06:30

耳掃除

©iStock.com/aerogondo

目薬をさせばその味がするし、耳が詰まったときは鼻と口を閉じて息を吹くと治るように、目・耳・鼻・口は、つながっている

とはいえ、それぞれの排泄物である「鼻クソ・耳アカ・目ヤニを食べろ!」と言われたら、抵抗を感じる人が多いだろう。


画像をもっと見る

 

■でも、大人気の「鼻クソ」はみんな食べてる

しかし、以前しらべぇでもお伝えしたが、鼻クソは世代によって4割に迫る人が食べたことがあると判明。男性ばかりでなく、女性もぱくぱくペロペロと食べているらしい。身に覚えがある人もいるはずだ。

鼻クソ食べる

【実は健康的】鼻くそ食べたことある率をガチ調査 20代女性の36.7%が経験アリ!

では、「目クソ、鼻クソを笑う」ということわざもあるように、鼻クソとは兄弟分のような関係にある「耳アカ」と「目ヤニ」を食べる人は、どれくらいいるのだろうか?

全国20〜60代の男女1345名に調査を実施した。


関連記事:【鼻くそにドン引き】女性の12.1%は「地獄のキス」体験があると判明

 

■ もっとも耳アカを食べているのは20代女性

まずは、耳アカから見てみよう。鼻クソと比べて、その喫食率に格段の差があることがわかる。やはり、鼻クソのような適度な粘りと塩っけがないことで、食指が動かないのだろうか。

耳アカ食べる

また、食べた経験者が目立つのは、20代男女と30代男性。 そして、もっとも高かったのは20代女子で、およそ1割が経験者のようだ。

この飽食の時代に、他に食べるものはなかったのだろうか…?


■目ヤニは20代男性が好物?

一方の目ヤニは、耳アカと比べると微差ながら、やや人気。ほとんどの世代で男性が女性を上回り、どちらかと言うと男性好みする「食べ物」らしい。

目ヤニ食べる

とくに、20代男性の喫食率は1割超え。今回の調査では0%だった60代女性と比較すると、大きな世代差が見てとれる。戦後の食糧難を生き抜いてきた60代より、今どきの若者のほうがずっと目ヤニや耳アカを愛好していたのだ。

もし、この記事を読んで味が気になったら、すぐにでも試食してみてもらいたい。ただし、あまり人に見られないように。

(文/しらべぇ編集部・タカハシマコト