ウンコ漏らしたことあるを年収別に調査!悲しむ必要はない?


うんこ

@istock/halfbottle

走り回るくらい忙しいと感じる師走。イベントごとやたて続けに開催される忘年会による暴飲暴食と、急な冷え込みが重なりギュルギュルとお腹の調子が悪くなる人も多くなるだろう。

お腹をさすりながら走り回ってトイレを探すも見つからず、我慢の限界を超えることも。

しかし、取引先との飲み会やクリスマスデートでうっかり漏らしたくはない。しらべぇ編集部では、「仕事がデキる人は予定から体調の管理まで徹底しているのではないだろうか?
」との仮説をもって、年収別で「これまでウンコを漏らしたことがある」という人がどのくらいいるのかを調査してみた。

年収別年収1,000万円以上が47.5%ともっとも高い割合となり、約半数の人が「ウンコをもらしたことがある」ことがわかった。

興味深いのは年収が上がるごとに割合が高くなるということ。これは年収と忙しさに関係があるのかもしれない。仕事の予定をこなすためにトイレを我慢したり、取引先との飲み会の回数が増えることにより、暴飲暴食になりがちになる。仕事の予定を管理できても体調の管理には限界があるようだ。

調査結果を良い方向に解釈すると、ウンコを漏らしたことがある人間にとっては悲しいことだけではない。高収入になる可能性も秘めてともいえるからだ。12月が忙しすぎてウンコを漏らしてしまっても落ち込まずに冷静に対処してほしい。ウンが落ちてもめぐりめぐって来年の金運アップにつながるかもしれない。

(文/しらべぇ編集部・桜庭康人

qzoo 【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2015年9月25日~2015年9月28日
対象:全国20代~60代男女計1400名

関連記事