【ガチ】自分の「性癖」にリアルに悩んでいる人の割合は?

性癖
©ぱくたそ

先月26日、お笑いコンビ・キングオブコメディの高橋健一容疑者が、女子高生の制服などの窃盗と建造物侵入の容疑で逮捕された。高橋容疑者は20年前から同様の盗みを繰り返しており、約600点の制服や下着が自宅から押収されたという。

報道によると、高橋容疑者は芸人仲間の間でもロリコン気味の趣味があったことで知られており、今回の騒動を知ったある芸人は「高橋さんならあるかもしれない」「エロいことには人一倍熱心でした」と述べていたそうだ。


 

■芸能界の反応は…

高橋容疑者の報道を受け、芸能界からはさまざまな反応が聞こえている。


また、オアシズの大久保佳代子は先月28日放送の『白熱ライブビビット』(TBS系)で、普段の高橋容疑者について「誰にでも好かれる性格」だと述べ、「才能ある真面目な人」「なにやってんだろうと腹立たしい」と、悔しさを滲ませた。

高橋容疑者はお笑いコンビとしても右肩上がりの時期で、まさに「これから」というときの逮捕。キングオブコメディはコンビ解散となり、高橋容疑者は事務所を解雇されることになった。


 

■性癖は治らないもの? 6割は「治らない」と認識

こうした反応がある中、お笑い芸人の土田晃之は高橋容疑者の一連の騒動を受けて、「性的嗜好は治らない」と断言。性癖とはそういうものなのだろうか?

しらべぇでは、アンケートサイト「マインドソナー」を使って、全国の10代〜50代の男女320名に「性癖は治せないものだと思う?」と質問。すると、6割の人が「治らないものである」と認識しているとわかった。

性癖

・「自分の欲望を満たす快感を知ってしまうと、絶対に治らない」(30代男性)


・「喫煙者がタバコをやめられないのと同じ」(20代女性)


・「生まれ育った環境が影響しているのか、自分にとって当然なものになると治すのは難しそう」(30代女性)


■自分の性癖に悩む人は2割

さらに、しらべぇでは実際に自分に性癖に思い悩んでいる人の割合を調査。全体では2割が該当し、男女別では男性が2割、女性が1割であった。

性癖

ここで、深刻な性癖で悩んでいる友人(以下、Aさん)と知り合いの男性に、Aさんの話を聞くことができた。

Aさんは有名企業勤務の40代男性で、年下の妻と小学校高学年の娘がいるという。週末は家族サービスをするなど、はたから見れば「真面目でいいお父さん」なのだそうだ。

「Aさんには20代のころから、未成年の女子に対する執着があったようです。昔から小さい子供と遊んであげるのが好きな人で、周囲からは世話役だと思われていたんですけど…ローティーンが出演しているアイドルもののイメージビデオを買い漁っていたらしくて。


ほかにも、家から離れた小学校の運動会に保護者を装って向い、盗撮したこともあるとか。外見はいいお父さんですから、周囲も不審がらないですよ。


でも、本人もその異常さを自覚していて、長年苦しんでいたようです。家族にバレる前に、クリニックに通うことを決意したと聞きました」


キンコメ高橋容疑者の件もそうだが、失うものが大きすぎるというリスクがあるのにもかかわらず、なぜそうした行為に走ってしまうのだろうかと疑問に思う人もいるだろう。

特殊な性的嗜好を持つ者の苦しみは、考える以上に根深いものなのかもしれない。

(取材・文/しらべぇ編集部・chan-rie

あなたにオススメ