3

イオンを『ジャスコ』や『サティ』と呼ぶ人がまだ3割いる!?


P1278503

大型で夜遅くまで営業していることから、近所にあると非常に便利なスーパーマーケット『イオン』。

ご存じの人も多いと思うが、イオンは2011年まで、『ジャスコ』や『サティ』と呼ばれる、イオングループ内の別ブランドとして別れていた。

特にジャスコは40年ほど日本で展開されていたため、すべてイオンになったいまも、イオンに行きたいときには「ジャスコ行くの?」と言う人が多いのだという。

だが、果たしてどれほどの人がいまだにイオンを昔の名前で呼んでいるのだろうか? アンケートサイト「マインドソナー」で調査してみると…

 

■3割がイオンをジャスコやサティと呼んでいる

jusco

調査に協力してくれた男女337名中、99名がいまだにイオンをジャスコやサティと呼んでいることが判明。割合としては約3割と、かなり多くの人たちが呼んでいるようだ。

すでに名前が変わってから5年が経過しているのに、なぜいまだにイオンと呼んでもらえないのか? とあるイオン好きの男性はこう語る。

 

「確かに僕の家の近くのジャスコがイオンになってから5年経ちましたけど、たかが5年ですよ。いま40歳の人は、ジャスコと35年共に生きてきたワケですからね。そう簡単には変わらないですよ。

ドラえもんの声優といえば大山のぶ代って人も多いでしょ? それと一緒で長年愛してきたものは、名前が変わっても自分のなかではそのままなんです。

僕の従姉妹もジャスコ(イオン)が大好きなんですが、外出するときはよく『ジャスコ行くの?』『ジャスコ行きたい!』と、ジャスコに連れて行くようせがまれますよ(笑)」

 

やはり長年使ってきた呼び名を変えるのは、分かっていてもなかなか難しいものがあるのかもしれない。余談だが、一部ではイオンのことをなぜか「ジャコス」と呼ぶ人もいるそうだ。ジャコス行きたいなァ…。

(取材・文/しらべぇ編集部・熊田熊男