しらべぇ

犯罪者家族の改名問題 元・清原妻の「亜希」から考察

エンタメ

清原亜希

(画像はInstagramのスクリーンショット)

元プロ野球選手で球界の大スターだった清原和博容疑者が、先日覚せい剤の使用で逮捕された。世間に大きな衝撃を与えたこの事件だが、ここで心配になるのが彼の家族の問題だ

彼には、離婚した元妻・亜希の元に、長男と次男がいる。この元妻はカリスマ主婦モデルとして活躍していた。

もともとはアイドルからモデルとして活躍し、結婚後に家庭に入り、そこから清原氏の妻ということもあってモデルに復帰し、人気となったのだ。

彼女は離婚後も、清原姓を名乗り続けることを選択した。子供のこともあるが、自身が清原の妻ということで、ブランド力を維持したい事情もあったからだろう。

しかし、事件を受けてか、先月3日に活動名を「亜希」に改名した。果たして、彼女は改名すべきだったのだろうか?

 

■世論の意見は「旧姓に戻したほうがいい」

sirabee0330kiyoharayome

しらべぇ編集部の調査では、「旧姓の木村にしたほうがいい」という人が多く、「清原姓のままで」と考える人は少数であった。

■犯罪者家族で改名する人は少なくない

清原の場合は薬物であり、殺人など、誰かを傷つけた訳ではない。しかし、それでもかつての名選手の逮捕はマイナスイメージであり、元妻や家族にも被害が及ぶ現実がある。

90年代、連続幼女誘拐殺人事件で日本中で有名になった宮崎勤死刑囚の家族も、自殺や退職、学校からの退学などの悲惨な末路を歩んでいるとされている。

宮崎と清原を比較するのは少々大げさかもしれないが、今後のことを考えると、改名をして過去と決別をはかろうとするのは想像に難くないだろう。

(取材・文/しらべぇ編集部・渡邉ハム太郎

調qzoo査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年2月22日~2016年2月24日
 
対象:全国20代~60代の男女1341名

関連記事

WEBアシスタント募集中 WEBエンジニア募集