しらべぇ

焼肉屋で『ナムル』を混ぜて食べない日本人に韓国マニア激怒

グルメ

P4160132

焼肉屋でキムチと並び、前菜としてメジャーなのが、ホウレン草やニンジンをごま油などの調味料で味付けした『ナムル』だ。

最近焼肉屋へ行ったときナムルを注文したとき、店主らしきママに言われた意外なひと言が「混ぜて食べてくださいね!」ということ。

えっ…ナムルって混ぜて食うの!? そのままのほうがそれぞれの味を楽しめていいんじゃ? と思ったので、言うことを聞かずにそのまま食べてしまった。

後日なぜナムルを混ぜて食べるよう言われたのか韓国料理通に聞くべく、朝鮮忍者ファンで韓国好きの女性・金本さんにお話を聞くと、以下の返事が返ってきた。

 

「はー? ナムルそのまま食べてしまったんですか? それ出禁になってもおかしくないぐらい、超失礼な行為ですよ! 牛○じゃないんだから!

 

ナムルは韓国だと、奥さんの調理技術が分かる料理だと言われており、これを上手く作れなかったら嫁失格レベルなんですよ。それだけ心がこもった料理なんです。

 

それにナムルはそれぞれに違った味付けがされており、混ぜて食べることで酸・甘・苦などの風味が混然一体となり完成する料理です。

 

日本のしょうゆ味しかしないおひたしじゃないんですから、混ぜて食べないというのは料理を未完成のまま食べるのと一緒です。朝鮮文化を破壊する行為なんですよ。

 

分かったら次から絶対にナムルは混ぜて食べてください。ナムルを混ぜて食べないのはイタリア人が激怒するナポリタンレベルの文化侵略行為ですからね。いいですね?」

 

な、なるほど…。そこまで失礼な行為だったのか。非常に失礼な行為をしてしまったようなのでもう一度店に行き、ナムルを混ぜて食べてみると…!

これは確かにウマい! ナムルそれぞれの味がほかのナムルに足りない美味しさを補って、パーフェクトな料理になっているではないか!

あまり日本だと完成されている物を混ぜて食べることがないため意外だったが、ナムルは確かに混ぜて食べたほうが美味しい。焼肉屋へ行ったら、ぜひ試してみよう。

(取材・文/しらべぇ編集部・雨間ゆうすけ

関連記事

WEBアシスタント募集中 WEBエンジニア募集