チャイムが鳴っても無視する人が多すぎ!時代を反映した理由も

人間関係

2016/05/05 05:00

チャイム
©ぱくたそ

自宅にいるときに、突然の訪問者。チャイムが鳴っているが誰かはわからない。こうした場合、きちんと対応をしているだろうか?

しらべぇ編集部では、「自宅のチャイムが鳴っても無視をする」かどうかの調査を実施。時代を反映する結果が明るみになった。


■もはや自宅のチャイムの存在価値は…

自宅のチャイムが鳴っても無視する答えた人は、全体で46.4%。これだけの人がチャイムが鳴っても放置をしておくとは、驚きではないだろうか。

男女別で見ると、やはり女性のほうが多い。

自宅のチャイム男女別グラフ

なぜチャイムを無視してしまうのか。調査の中で、次のように答えた女性も。

不審者だと怖いから」(女性20代)


万が一、訪問者が危険な人物だったら力の弱い女性では男性よりも対応が困難だ。そうした不安があるのも理解できる。

だが、男性でも4割もの人が無視をすると回答しており、その理由は女性と同じようなもの。

犯罪者かもしれないから」(男性30代)


チャイムに出る前に、「もしも変な人だったら…」と考えてしまう人が多い様子。相手にしたくない突然の訪問を、歓迎してくれる時代ではないようだ。


■セールスや勧誘、「あの受信料」から逃げる人も

自宅のチャイムが鳴っても無視をする理由として、一番多かった答えがこちら。

面倒だから」(男性20代)


どのように面倒なのか、詳しく答えてくれた人々の意見も見てみよう。

「どうせセールスや宗教関係。話を聞くのもおっくうだから」(女性30代)


通信手段が多くある中、いきなりの訪問はセールスや勧誘くらいしかないと考えるのは当然だ。

また、こんなものから逃げている人も。

NHKだったらいやだから」(女性40代)


受信料を払っていないのか、NHKと回答した人がかなりの数見受けられた。


■あらかじめ確認する人も多数

チャイムが鳴ったときの行動として、あらかじめどういった人か確認をする人も多い。

モニターを見て、出る出ないを判断する」(男性60代)


のぞいて、配達じゃなければ出ない」(女性30代)


自分の身を守るには、有効な手段といえる。


■プライベートを邪魔するな!

家はプライベートな空間でもある。そんな場所にいきなり来られても、すぐには出られないことも多いだろう。

子供が寝ていると出ない」(女性20代)


揚げ物をしているときは、出られなかった」(女性30代)


このほかにも、女性では化粧をしておらず「スッピンではとてもじゃないが出られない」「パジャマでは無理」という理由もあった。

さまざまな声が聞こえたが、誰もが思う一番の思いは、これではないだろうか?

休日くらいはゆっくり寝ていたい」(男性40代)



身内の家でさえ、突然の訪問はしない時代。時にはおぞましいニュースもあり、チャイムが鳴っても簡単に玄関の扉を開く人はいない。訪問セールスや勧誘は、今後さらにむずかしくなりそうだ。

・合わせて読みたい→新興宗教に勧誘された「変なスポット」ベスト10

(取材・文/しらべぇ編集部・ニャック

qzoo調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年4月22日~2016年4月25日
対象:全国20代~60代の男女1,365名 (有効回答数)

あなたにオススメ