中国の洗剤CMが人種差別だとして炎上「アメリカなら大規模デモが起きる」

エンタメ

2016/05/27 17:00

FireShot Capture 041 - 「危険な人種差別的」:中国洗濯当社は9yoコマーシャルでの役割をスイッチとして憤慨リベラ_ - https___www.youtube.com_watch

中国で作られたとある洗剤のCMが、欧米では絶対にありえないほどのひどすぎる人種差別だとして大炎上している。Youtubeへアップロードされた問題のCMを視聴してみると…そこには信じられない内容が描かれていた。


■問題の内容

CMの内容を簡単に説明すると、ペンキで汚れた黒人男性が中国人女性に洗剤をくわえさせられ、頭から洗濯機にいきなり突っ込まれる。

ガタガタッ…と動く洗濯機と洗剤が写されてしばらくすると、出てきたのはなんと中国人の男性という、肌の色での人種差別を増長させると受け取れる内容だったのである。

また、同じ動画内でイタリアのナヨッとした白人男性が洗濯機に突っ込まれてマッチョメンの黒人男性になるものも紹介されていたが、Youtubeのコメントを見る限りではこちらより中国のCMを批判する内容が多かった。


■アメリカ人に意見を聞いてみた

これが中国で放送されてしまったこと自体、理解に苦しむが、多くの人種が住むアメリカ出身者がこのCMを見たらどう思うのだろうか? 実際に日本在住のアメリカ人に見てもらうと、以下のコメントを得ることができた。

「まず作られることがありえないと思いますが、万が一放送されてしまったら必ずテレビやネットのニュースから大問題になりますよ。

そしてその会社に対して大規模なデモが始まり、間違いなくとんでもないことになります。終わってますねこれ作った人は。後のほうのCMも微妙ですが…。」

日本でも絶対に放送されない差別的なCM、当たり前の話だが、アメリカ人から見てもありえないようだ。

なぜこのような差別を増長するだけのCMが中国で放送されたのか? 中国国内で問題にならないのはなぜなのか? 中国の人権意識の低さを物語る内容であった。

https://www.youtube.com/watch?v=OC3hgCeZKeY

あわせて読みたい→ドラマの中では描かれない「ママカースト」の実態

(取材・文/しらべぇ編集部・ロバ耳太郎