歌舞伎役者強し!「別れてよかった芸能人カップル」ランキング

(画像は尾上松也公式サイトのスクリーンショット)
(画像は尾上松也公式サイトのスクリーンショット)

なにかと色恋沙汰の絶えない今年の芸能界。平愛梨と長友佑都の熱愛報道においては、多くの人が「アモーレ!」と交際を祝福したが、一方であまり応援されないどころか、「別れてよかった」と言われてしまう芸能人カップルもいる。

しらべぇでは代表的な元カップルをピックアップし、もっとも「別れたほうが本人たちのためだった」と思うものを選んでもらった。


 

■第4~5位はすでに沈静化?

sirabee160611geinou03

下位2つには「きゃりーぱみゅぱみゅとSEKAI NO OWARI・Fukase」と、「ローラとくりぃむしちゅー有田」のカップルがランクイン。

とくに前者は、Fukaseの新しい交際相手である益若つばさときゃりーが同じタイプの外見であったため、一部では「気持ち悪い」との声もあったが、今では沈静化してしまったよう。


関連記事:錦織圭選手も?恋人ができると仕事に身が入らないタイプとは

 

■第2~3位は歌舞伎役者に

sirabee160611geinou02

第3位は前田敦子と尾上松也。歌舞伎界の若きプリンスと元AKB48センターの熱愛は、大きく報道されたが、女遊びが激しいのはある意味歌舞伎界の伝統。「あっちゃんも芸の肥やしにされてしまう!」とファンはやきもきしていた様子だ。

第2位は熊切あさ美と片岡愛之助のカップルに。長く交際していたふたりだったが、片岡に藤原紀香との二股交際騒動が勃発。熊切は当初、破局はしておらず、片岡の二股だと主張したが、片岡がブログであっさり否定し、あっという間に藤原とゴールインしてしまった。

歌舞伎役者は貴族のようで品も育ちもよいが、結婚に至るには厳しい条件が存在するのもまた事実。付き合う当人よりも、視聴者のほうが冷静なのかも。


■やっぱり1位はあのカップル

sirabee160611geinou01

結果、全体の4割を超える票を集めて1位になったのはベッキーと川谷絵音の組み合わせだった。当初は「親しい友達のひとり」と身の潔白を主張していたふたりだが、次々に文春から新しい報道が出ると、発言との矛盾が生じ、大炎上。

川谷も、謝罪どころか説明もせず、「誰に謝ればいいの?」とライブで発言するなど、悲劇のヒロインにも見える言動で批判を受けた。視聴者からすれば、あまりの責任感のなさから優等生ベッキーに対し「別れたほうがいい」と思わざるを得なかったようだ。

付き合う相手次第で、人生は大きく変化していくもの。たんにゴシップを振りまくだけでなく、長友と平のように微笑ましくしい気持ちにしてくれる報道を期待したものだ。

・合わせて読みたい→ゲス&ベッキーを超えたのは? 「応援したくないカップル」ランキング

(取材・文/しらべぇ編集部・クレソン佐藤

qzoo調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2016年5月20日~2016年5月23日
対象:全国20代~60代の男女1350名(有効回答数)


あなたにオススメ