兄弟・姉妹での恋バナは鬼門?できるかどうかは経験人数で差が

男女

2016/06/13 08:00

姉妹
©ぱくたそ

兄弟・姉妹がいる人は、彼らにどれほどプライベートなことを打ち明けられるだろう。 好きな異性の話などを家族に話すのは、なかなか恥ずかしさが伴うものでもある。

しらべぇ編集部では、兄弟・姉妹のいる男女1,147名を対象に「恋バナができる関係性であるか」を調査してみた。


画像をもっと見る

 

■女性は兄弟(姉妹)で恋バナしたい

恋バナ

すると、男女で差が見られるものだと明らかに。女性は姉妹で、あるいは男兄弟であっても恋愛の話をできる人が多いようだ。だが、それでも2割程度にとどまっており、 兄弟間で自分のプライベートをさらすことに抵抗がある人が大多数のよう。


関連記事:自分から告白経験がない 「若者の恋愛離れ」が深刻すぎる

 

■男性はなぜ兄弟で恋愛の話ができないのか

編集部では、恋バナができない20代の弟がいる30代女性に、「男性が恋愛の話をできない理由」を聞いてみた。


①精神年齢が低い

「同世代の女性に比べて、男性は比較的精神年齢が低いですよね。恋愛の話がきちんとできるというのは、大人の階段をのぼるという感じがあるので」


②プライドが高い

「男の子って、ある程度結婚が見えるくらいまでの状態にならないと、家族に対して恋愛のことを話さないケースが多いですよね。


やっぱり恋愛って、自分の弱さをさらけ出す行為でもあるので、身内にそうした面を見せるのはプライドが許さないのかも」


■H経験が豊富だと変な恥じらいもなくなる?

恋バナ

ちなみに、これまでH経験者が多い人ほど兄弟とも恋愛の話ができると判明。そうした経験が多いと、恋愛に対する恥じらいが薄れるものなのか。

恋愛の話をするとなると、必然的に「性」の話を連想せざるを得ないこともある。これが嫌で、兄弟には自分の恋愛を話したくないという人も少なくないのでは。経験豊富な人は、そこの問題をクリアできているのかもしれない。

つまり、大人になれているかどうかがポイントだといえるだろう。

・合わせて読みたい→マジ気まずい! 元恋人と街中でバッタリ再会した経験者の割合

(取材・文/しらべぇ編集部・chan-rie

qzoo【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年5月20日~2016年5月23日 
対象:全国20代~60代の兄弟・姉妹がいる男女1,147名(有効回答数)