しらべぇ

男子は意外と知らない?「女性専用車両」の実態5選

ライフ

tostphoto/iStock/Thinkstock

tostphoto/iStock/Thinkstock

通勤ラッシュの時間帯などに実施されている女性専用車両。女性でなければ絶対に乗車できないというわけではないが、何回も乗ったことがある男性はさほど多くないだろう。

そんな女性専用車両の中では、男性が驚くようなことも起こっているという。しらべぇ編集部は、女性専用車両をよく利用する女性たちにその実態を聞いた。

 

①じつは結構臭い

「女性だけの空間ならいい香りが漂っているのでは、と思うかもしれませんが、そんなことはありません。体臭のみならず、化粧や香水のニオイがキツい人がいて、気持ちが悪くなることもあります」(20代女性)

 

②堂々と化粧をする女性客

「普通の車両でもメイクをしている女性はいますが、女性専用車両だと『女同士なんだからいいでしょ』とでも言うかのように堂々と行なう人が多い気がする。どの車両でもマナー違反なんですけど……」(30代女性)

 

③性別不明の乗客がたまにいる

見た目だけでは性別が判断できない人を見かけると『女性専用車両に乗ってもいい人なのかな?』とちょっと気になります。実際は女性かもしれないし、何も言えませんけど」(30代女性)

 

④女性専用車両だと気づかない男性客

「女性専用車両に乗ってきた男性は、たいていそのことにすぐ気づいて別の車両に移るんですが、中にはずーっと乗り続けている人もいます。気づいていないのか、それとも気づいているけどバツが悪くて気づかないフリをしているのか?」(20代女性)

 

⑤わざと乗り込んでくる男性客

「夜遅くに利用した際、酔っぱらった男性たちが『女性専用車両だって、知らないフリして乗ってみようぜ!』と乗り込んできたことがありました。お酒の勢いと興味本位で乗ってくるのはどうかと思う」(30代男性)

 

同性のみの快適な空間かと思いきや、意外にもそうとは言い切れないようだ。女性専用車両といっても、公共の乗り物ということには変わりないため、マナーを守って利用することが第一だろう。

・合わせて読みたい→女性専用車両の「あの偏見」をデータで検証! 彼女たちはなぜ女性専用車両に乗るのか

(取材・文/しらべぇ編集部・サ乙

関連記事

人気記事ランキング

WEBアシスタント募集中 WEBエンジニア募集