人食い熊は捕まってないのに…アニメとのコラボに批判?

画像はTVアニメ『くまみこ』公式サイトのスクリーンショット
画像はTVアニメ『くまみこ』公式サイトのスクリーンショット

秋田県北秋田市にある「阿仁熊牧場くまくま園」が、先日放送終了したアニメ『くまみこ』とタイアップした記念イベントを開くと告知。

それを受け、あまりにも不謹慎ではないかという声が上がっている。


 

■そもそもアニメ『くまみこ』とは

『くまみこ』は2016年4月~6月に放送された深夜アニメで、原作は月刊コミックフラッパーで現在も連載中だ。

舞台は、東北地方の山奥にある架空の場所「熊出(くまで)村」。熊を祭る神社に巫女として仕える女子中学生のまちが、「都会の学校に行きたい」と訴えはじめる。この村から出たこともなく、世間知らずなまち。後見人であるヒグマのナツは、都会で生きるために必要な知識や試練を与えていくのだが…。


このアニメ、実は最終話を巡り、ちょっとした騒動が勃発。それは、内容があまりにもバッドエンドすぎないか? というものだ。

最終話を担当した脚本家がTwitterアカウントを削除&脚本家のFacebook・Wikipediaからくまみこに関する記述が削除されたため、一層火に油を注いでしまった。こちらも削除されているが、自身のブログで原作者すら苦言を呈し、話題に。

原作人気は高く、アニメ作品自体もほんわかとしたもの。途中まで、原作ファンを含め一定の評価はあったのだが、最後の最後に悪いイメージがついてしまった。


 

■くまくま園とのコラボ内容

画像は秋田魁新報社のTwitterより。
画像は秋田魁新報社のTwitterより。

今回のイベントは、「くまくま園」のリニューアルオープンから2周年を祝うもの。

これに合わせ、アニメ『くまみこ』の原作者や声優によるトークショー、複製原画の展示などを「熊出村村おこしプロジェクト」として、7月23日から8月21日にかけて開催する予定だ。


■人食い熊は捕まっていないのに…

今年5月~6月にかけて、秋田県鹿角市の山林で4人が熊の犠牲になっている。そして、その主犯とされる熊は見つかっていない。普通であれば人を襲うことがないツキノワグマが起こした事件。だからこそ狂暴化した熊への注意が必要になっている状態だ。

そんな中で、人と熊が仲良く、いちゃいちゃしているアニメとコラボしていいのか? そんな批判が出ている。

もともと、「くまくま園」にはツキノワグマとヒグマが約60頭生息。そう、主犯と同じ種類だ。「熊に注意しよう」というときに、熊と触れあい、仲良くするイベントを行う…確かに批判されても仕方ないかもしれない。

また、一番のターゲットであるアニメファンからは「自分の納得できない出来のアニメのために、原作者が駆り出されるのか…」という声も。

しらべぇ編集部がPR経験者に話を聞いたところ、

「アニメ終了のタイミング、そしてリニューアルオープン記念というタイミング…さらに夏休みということもあり、日程をずらすことは難しい。アニメ公式では最終話の放送日に告知を開始してますし、この解禁日で決まっていたのではないでしょうか」


あまりにもタイミングが悪かった…としか言いようがない、このイベント。それでも「絶対に行く!」と言っている人もたくさんいる。7月末までに熊の事件も落ち着き、来場者が楽しめるものになることを祈るのみだ。

・合わせて読みたい→『ぼのぼの』アニメが放送開始! 主題歌にも期待が集まる

(取材・文/しらべぇ編集部・たつきあつこ

あなたにオススメ