婚活パーティーで遭遇!女性が悲鳴「キモすぎる男たち」4選

ThinkstockPhotos-136324178_compressed
bo1982/Hemera/Thinkstock

出会いがない女性にとって最後の頼み綱となる「婚活パーティー」。しかし参加するのは魅力的な男性ばかりではない。

中には、結婚できないのも納得の「キモい男たち」もいるらしい。しらべぇ取材班は、これまでに婚活パーティーに参加したことのある女性たちに話を聞いてみた。


 

①会った瞬間に親との同居を求める

「立食式の婚活パーティーで、近づいてきたのは40代近い男性。名前の自己紹介すらしていないのに、目の前にたちはだかってきて一言目に言った言葉が…


『僕は両親を大事にしているんです。あなたは僕の親と同居できます?』と。非常識すぎてお断りしたら、『心が醜い人ですね』と捨て台詞を吐いて去っていきました」(Aさん・30歳)


 

②カップルになれなかったのは女性のせい

「婚活パーティーの最後に、運営者に『いいな』と思った異性を申告して、お互いにマッチすれば連絡先の交換ができるシステムでした。


私の名前を申告した男性がいたのですが、マッチしなかったのがムカついたみたいで。


パーティー終了後に出口で待ち伏せされて、『僕はあなたの名前を書いたのに…他の女を書けば良かった。お金を無駄にした! 参加料を返せ!』と罵声を浴びせられました」(Yさん・29歳)


③パーティー後に家まで後をつけてくる

「皆がワイワイと会話しあう仲で、隅っこでひとりだけ輪に入れずにお酒を飲んでいる根暗な男性がいて。可哀想だと思い、1回話しかけたんですが…


何を喋りかけても返事がなく会話が成立しませんでした。でもそこからパーティー中にずっと私の背後にきて、何かをブツブツ言いながら見てくるんです。


さらに帰り際も2mほどの距離を取ってずっと後をつけ、自宅付近までついてきて。怖くて途中でタクシーに乗り、実家に逃げました」(Nさん・31歳)


④嘘つきオヤジにつかまる

「30代後半の男性で、髪は金髪でヒョウ柄のズボンを履き、全部の指に ゴツい指輪をしている人がいました。見た目だけでもドン引き。


さらに『俺には30兆の貯金がある。国を持っている』と嘘をつきまくり。その男性に気に入られてしまい、違う男性と話したくてもロックオン。


私に話しかけてきた男性がいたら『俺様と喋ってるんだよ!』と相手を怒鳴る始末延々とオヤジの自慢話を聞かされるだけの、最悪な婚活パーティーになりました」(Hさん・28歳)


やはり「婚活パーティー」には、結婚できないのも思わず納得の男性たちも参加するようだ。女性たちは心して参加したほうがいいだろう。

・合わせて読みたい→「婚活で出会ったら1年以内に結婚」が常識?世間とは意識差も

(取材・文/しらべぇ編集部・オレンジおっかさん

あなたにオススメ