トイレで拭く時にうんちが手につく珍事 男女別で大きな差

ライフ

2016/07/16 05:00

GOSPHOTODESIGN/iStock/Thinkstock
GOSPHOTODESIGN/iStock/Thinkstock

トイレでおしりは拭くときに、勢いあまってうんちが手についてしまう…。なかなか日常でできる話ではないので、どれだけの人が経験をしているのかを把握するのはむずかしい。

そこでしらべぇ編集部では、全国の20〜60代の男女1,358人を対象に調査を実施。

トイレでおしりを拭くとき手についたグラフ

おしりを拭くときにうんちが手についてしまった人は、全体で44.6%。ほぼ半数もの人が経験しており、めずらしい事例ではない。


画像をもっと見る

 

■男女で大きな差の理由はおなかの緩さ?

同じ質問でも男女別では、大きな差が見られる。

トイレでおしりを拭くとき手についた男女別グラフ

女性よりも男性のほうが、15ポイント以上も多い。おそらく女性よりも男性のほうが、下痢に悩む人が多いことに一因がありそうだ。


関連記事:高収入ほど経験あり?オナラと思ったらウンチで大惨事

 

■水分が多い、切れが悪い場合につきやすい

編集部の取材に応じた、おなかが弱い30代の男性会社員は次のように答えた。

頻繁におなかを壊していて、水便のようなときも。そんなときは、いつもよりトイレットペーパーを長めに取るようにしています。緩いときのほうが、手につきやすいので」


トイレットペーパーは、水に触れると分散する水解紙でできている。水分が多い便がつけば分離しようとする力が働くので、たしかに手につく危険性は高くなるだろう。

また少し便秘気味の30代の女性は、次のように語ってくれた。

スッキリと出たときには、トイレットペーパーで拭いてもなにもつかないくらい。ただキレが悪いと、なかなかきれいにならないですね。何度も拭いているうちに、手についてしまったことがあります」


体にいいのはもちろんだが、衛生上の問題まで解消をしてくれるとは。できるなら日々、快便でいたい。


■手についた場合の処理は?

手についた場合、どのように処理をしているのだろう? 先ほどの30代男性会社員に、手の洗い方を詳しく聞いた。

せっけんを使って、臭いがなくなるまで何度も洗います。消毒液がある場合は、それを最後に手にすり込んで完了です」


これほどまでするのは、周囲から「臭い」と言われるのが怖いから、だそう。

多くの人が経験していることなので、恥ずかしがる必要はない。ただ衛生面を考えて後の処理は、しっかりとすることをお勧めする。

・合わせて読みたい→高収入ほど経験あり? オナラと思ったらウンチで大惨事

(取材・文/しらべぇ編集部・ニャック

qzoo【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年6月24日~2016年6月27日
対象:全国20代~60代の男女1,358名 (有効回答数)