婚活パーティーで遭遇!男がビビる「恐ろしすぎる女」3選

ThinkstockPhotos-178744779 (1)_compressed
DragonImages/iStock/Thinkstock

結婚をしたい男性にとって、女性との出会いの場になるのが「婚活パーティー」だ。参加料も決して安くはないため、できれば素敵な相手をササっと見つけたいところ。

しかし中には、運営者に「金返せ!」と怒鳴りたくなるほど、「恐すぎる女たち」もいるらしい。しらべぇ取材班は、これまでに婚活パーティーに参加したことのある男性たちに話を聞いてみた。


 

①食にがめつすぎる

「ビュッフェを食べながら、男女で自由に会話をできるタイプの婚活パーティーだったのですが。皆、遠慮してあまり食べない中で、その女性だけはかなりガツガツと食べていて。


さらに口に食べ物が入ったまま喋るから食べカスは飛んでくるし、ニコッと笑うと歯に食べカスは詰まっているし…外見は悪くないけれど、見ていて気持ち悪くて。


あげくに他の参加者が料理をよそっていたら、『それ私もまだ食べたいんだからあんまり取らないでよ!』と叫んでいて、品のなさに呆れました」(Kさん・33歳)


関連記事:婚活パーティーで遭遇!女性が悲鳴「キモすぎる男たち」4選

 

② 彼はあたしのもの

「婚活パーティーでイイ感じになった女性(Aさん)とふたりで会話を楽しんできたら、いきなり乱入してきた女。それだけでも非常識なんですが。


Aさんが喋っているのを遮って自分の話をしたり、Aさんに何かにつけて意地悪を言ってきたり。それが不快になってか、Aさんは席を離れていき…その非常識女にロックオンされました。


最後に好意のある異性を運営に報告して、カップル成立になるんですが。僕は非常識女をもちろん好意なしにしたら…。


帰り際に『なんであんた、あれだけ喋っといてあたしの名前書かねーんだよ!』と怒鳴られました」(Hさん・29歳)


③ストーカーと化す

「そこの婚活パーティーは、好意を持った相手とお互いにマッチしたら連絡先が交換できるシステムでした。女性のひとりが僕を好意ありにしてくれたんですが…。


メンヘラっぽい暗い子だったので僕は彼女のことは一切眼中になく、マッチしませんでした。でも後日、僕の名前でSNS検索をかけて発見して、友達申請をしてきて。無視したんですが。


SNSの情報から職場を特定したのか、『あなたは私の運命の人だから諦めたくない』と、10枚綴りのラブレターを会社に送られてきました。さすがに怖かった…」(Sさん・31歳)


婚活パーティーには、恐ろしい女性たちも参加するようだ。男性は、女性にくらべて油断しがちになるが、気をつけたほうがいいだろう。

・合わせて読みたい→合コンの割り勘で女子が「はぁ!?」と思う支払い額は?

(取材・文/しらべぇ編集部・オレンジおっかさん


あなたにオススメ