広島・黒田が日米通算200勝を達成!「残る仕事は優勝のみ」と期待の声

スポーツ

2016/07/23 21:40

※画像は日本野球機構公式サイトのスクリーンショット
※画像は日本野球機構公式サイトのスクリーンショット

広島東洋カープの黒田博樹が23日の阪神戦に先発。見事な投球をみせ、日米通算200勝を達成した。

この記録は2008年の中日山本昌以来8年ぶりで、カープとしては80年代に11年連続2ケタ勝利など精密なコントロールを武器に活躍した北別府学以来2人目の快挙となる。

また、大卒での200勝達成は阪神・村山実以来46年ぶり。


 

■FAせず広島に残留

専修大学から広島に逆指名で入団した黒田は、カープのエースとして活躍。2005年には最多勝を獲得するなどしてチームの屋台骨を支える存在に。

そして2006年、FA権を取得。当時の広島は自前で鍛えあげた選手のFA流出が続いてたほか、在阪マスコミが阪神入り決定的との報道を繰り返したため、「黒田も出て行ってしまうのではないか」との不安が広がっていた。

しかし、広島市民球場のスタンドに浮かんだメッセージ入りの横断幕とファンの熱意に押され、残留。この決断が人々の感動を呼び、「男・黒田」のイメージが定着。その男気に魅せられる野球ファンが続出する結果に。


関連記事:ライバル強い「広島のカープ」首位浮上は困難か 球団は好調

 

■21億円を蹴ってカープ復帰

広島との契約内容にメジャーリーグに自由に移籍できる条項があったことから、2007年オフにロサンゼルスドジャースと契約。当初は苦しんだが、速球派から技巧派へと転身したことで成績が安定し、2年連続2桁勝利を達成した。

2010年からはヤンキースに移籍し、16勝をあげるなど3年連続2桁勝利。エース格として信頼される存在になり、2014年オフに21億円のオファーを受けたが突如固辞し、アメリカマスコミを驚かせた。

古巣で野球人生を終えるべく、2015年からカープに復帰。1年目で11勝8敗防御率2.55の成績を残し、高い実力をみせつけた。そして今年、投手として区切りの200勝を達成したのだ。


■カープファンはどう思ってる?

しらべぇ編集部は、カープファンの方々に話を聞いてみた。

「黒田の日米通算200勝は本当に素晴らしいですし、なによりカープのユニフォームで達成してくれたのが嬉しいです。できれば、北別府学さんの213勝を超えて、カープ歴代1位になってほしい」(40代男性)

「日米通算200勝を達成して、あとは優勝だけですね。黒田が唯一やり残しているのはそれだけなので。ただ、優勝したら多分引退してしまうような気がするので、そこだけが気がかり」 (20代男性)

「チームが好調なので、この流れでいきたいですね。そうやすやすと優勝はできないと思いますが、首位にいますので。 夏場のつらい時期に、黒田と新井の経験値がチームに好影響を与えてくれると思います。とにかく、優勝したい」(30代女性)

偉業を達成した黒田に残された仕事は、チームの優勝しかない。

・合わせて読みたい→ライバル強い「広島のカープ」首位浮上は困難か 球団は好調

(取材・文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治


あなたにオススメ