関ジャニ∞はSMAP解散に反対?コンサートで「泣けるSMAP選曲」

関ジャニ∞

ジャニヲタ歴30年ライター、ナンシー関ヶ原です。

SMAP解散で大荒れの世間を尻目に、関ジャニ∞は夏のコンサートツアーを粛々と開催中。ツアーは7月に始まりましたが、まるでSMAPの解散を知っていたかのような泣けるステージ構成を作っています。


 

■干されていた村上・渋谷を復活させたSMAPミュージカル

『夢がMORI MORI』がスタートした翌年1993年にSMAPが初演、ジャニーさん演出「ANOTHER」というミュージカルがあります。

光GENJIが飽きられあまりテレビに出られないため、ジャニーズが地道に舞台に立ってファンを増やした時期です。

その後バラエティー番組でSMAPが健闘しジャニーズの好感度が再び上昇。TOKIO、V6などがどんどんテレビで活躍していきます。

そして1990年代後半、ジャニーズJr.が空前の大ブーム。しかしタッキー&翼や嵐がCDデビューすると関西から参加していたJr.の村上信五くん、横山裕くん、渋谷すばるくんなどはデビューを逃し大阪に帰ってしまいました。

しばらく干されていた関西ジャニーズJr.が復活するきっかけとなったのがミュージカル「ANOTHER」です。2002年大阪で再演することになり、村上くんや、後に関ジャニ∞に加入するジュニアたちが出演しました。

無人島に漂流した少年たちが、島の住民との争い、和解をして成長していくストーリー。最初はチケットも売れずガラガラだったそうですが徐々にお客さんを増やし、数年後にはまさかのCDデビューを果たしました。


関連記事:SMAP騒動のさなか、「ジャニーさん」は何をしていたのか

 

■関ジャニのコンサートでSMAPミュージカルをパロディに

関ジャニ∞はCDデビュー後、SMAPとは違う「派閥」にいたため、仕事で直接絡むことはほぼありませんでした。

しかし関ジャニ∞のメンバーは「SMAPさんのミュージカルをやらせてもらったおかげでデビューできた」という思いは心の奥底にあったに違いありません。

そして2016年夏、関ジャニ∞は7月から9月まで地方の小さな会場を回るツアーを開催中です。ここ数年、大きな会場でばかりでコンサートをしていたので原点回帰して小さな会場を回ろうという企画。

その中で、「ANOTHER」のパロディーコーナーがあるのです!

コンサート中に村上くんが熱中症にかかる選出で最初は「大丈夫か~」などと声をかけていると、急に「ANOTHER」を思わせる激しいミュージカル調に変わります。

ついには村上くんが死んでしまい、メンバーが悲しみながら「夜空のムコウ」を熱唱するという、シュールな笑いをとる構成です。

もしかしたらSMAPが9月に無事に契約更新をすることを願って、関ジャニ∞が自分たちの夏のコンサートに「ANOTHER」を入れ込んできたのではないか? 勝手にこんな憶測をしてしまいました。


■関西ジャニーズJr.もSMAPミュージカルを再演

関ジャニ∞が「ANOTHER」を上演した会場で、2016年8月現在関西ジャニーズJr.も「ANOTHER」を上演中。舞台でSMAP「ポケットに青春のFunFunFun」という歌を歌っています。

この曲には「ポケットに 今日の日の 痛みを ねじこむ」という悲しい歌詞もありSMAPの解散を思うと涙なしには見られません!

歌っているのは現役中学生で、SMAPがデビューしたずっと後に生まれた子。SMAPが歩んできた歴史の長さを改めて感じますね。

・合わせて読みたい→SMAP解散 ネットに目立つ「戦犯はキムタク」の声

(取材・文/しらべぇ編集部・ナンシー関ヶ原


あなたにオススメ