高畑淳子は子育てを失敗したのか 批判の声をデータで分析

社会

2016/08/27 07:00

sirabee160827takahatakyouiku00

前橋市内のビジネスホテルで、40代女性従業員を部屋に呼び出し、乱暴するなどして逮捕された俳優の高畑裕太容疑者。昨日26日、母親で女優の高畑淳子が報道陣らの前で謝罪会見を行なった。


 

■「教育熱心」という母の愛情も息子には響かず?

報道陣からいくつもの厳しい質問が飛んだ今回の会見。自身の「子育て」について聞かれた場面では、高畑は「自分なりに精いっぱいやったつもりではあったのですが、このようなことになってしまった以上、私の育て方がいけなかったと思っています」とコメントした。

実際、高畑は芸能界でも有名な教育熱心な母親。息子が俳優として活躍できるように、さまざまな現場で頭を下げたり、プロデューサーなどに売り込む姿が何度も目撃されている。

また、子育ての指針については「ウソをつかないこと、人さまに迷惑を掛けないこと、人に感謝をすること、と言ってきたつもりではありますが…この場で言えることではないので」と語り、声をつまらせた。加えて、今回事件を起こした原因については「彼の甘さだと思います」とも述べた。

しかし、ネット上では母・高畑淳子の教育失敗の責任だと断罪する声が少なからず見られる。子育ては正解がなく、なかなか思い通りになるものではないため、母親を責めるのは少し違う気もするが、どうだろう?


 

■「自分の母親のような子育てをしたい」人は少数派

ところで、実際に調査を行なってみると、理想的な子育てを行なえている人は想像以上に少数であることがわかっている。

sirabee160827takahatakyouiku01

例えば、しらべぇが過去に行なった調査では、「もし子供がいたら、自分の母親のような子育てをしたい」と答えた女性は、全体の4分の1に過ぎなかった。違う性別のデータとは言え、考えさせられる数値だ。「親の心、子知らず」ということわざがあるが、まさにそんな感じか。

高畑家の場合、発達障害の疑いのある息子・裕太に対し、母・淳子はできるかぎりのサポートをしていたようだが、その気持ちを息子はあまり理解していなかったのだろう。

今後も母・淳子への中傷は続いていくと思われるが、罪を償うのは母ではなく、本人である。会見の様子を見る限り、すでにかなり憔悴しているようなので、あまり酷いことにならないでほしいものだが……。

・合わせて読みたい→弁護士に聞いた「強姦逮捕の高畑容疑者は実刑の可能性も」

(取材・文/しらべぇ編集部・クレソン佐藤

qzoo-200x94【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo 
調査期間:2016年5月20日~2016年5月23日
 
対象:全国20~60代の女性692名(有効回答数)

あなたにオススメ