全国恋愛セキララ調査 「性欲が強い県民・弱い県民」はどこ?

しらべぇの全国8万人調査から「性欲が強い県民・弱い県民」が判明!

オトナ

2016/11/15 11:30

パンティ
(kicsiicsi/iStock/Thinkstock)

数年前に登場した「肉食系・草食系」という言葉は、かなり一般的になった。日本は世界の中でもきわだってセックスレスであり、「草食系男子」と呼ばれる男性も増えていると言われる。

しかし、それが全国一律の傾向とは考えにくい。地域によっては、性欲バリバリの人たちが多いエリアもあるのではないだろうか。

そこで、しらべぇ編集部が全国の男女88,321名に調査した回答をカイ二乗検定にかけて有意差を判別。

「自分は性欲が強い」と思う人が多い県・少ない県のそれぞれトップ5をご紹介しよう。


 

■「性欲バリバリ」は九州に目立つ

性欲

性欲の強さを自覚する人がもっとも多かったのは、佐賀県。次いで、秋田県→福井県と続くが、注目すべきは、九州7県のうち3つがトップ5にランクインしていること。

「九州男児」という言葉もあり、博多は「美人の産地」とも言われる。こうした九州地方の男女は、夜のほうもかなり元気な人が多いようだ。


関連記事:「性欲なし」を自覚している割合を調査 男女には埋められない溝があることも判明

 

■中国地方は草食系?

一方で、性欲自慢が少ない県のランキングを見てみると…

性欲

トップは山口県で「性欲が強い」と答えた人が4割を切る。お隣の広島県も同様だ。この上位県の人たちは、セックスレスになりやすい恐れがあるかもしれない。


(文/しらべぇ編集部・タカハシマコト

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2015年3月31日~2015年4月20日
対象:全国15歳~90代男女88,321名(有効回答数)

あなたにオススメ