4.2秒動画をスロー再生すると…米バンドOK Goの新作音楽ビデオが凄い

動画

2016/11/24 09:00

(画像はFacebookのスクリーンショット)
(画像はFacebookのスクリーンショット)

米国のロックバンドOK Goが新しいミュージックビデオ『The One Moment』を発表した。

この曲は2014年に発表されたアルバム『Hungry Ghosts』に収録されている。

はじめに再生される4.2秒の動画をスローモーションにすると、曲のテンポに合わせて同期していたことがわかる。

テクノロジーと遊び心をたくさん詰め込んだ作品だ。


 

■ユニークなミュージックビデオを作り続けるOK Go

OK Goは99年に結成されたシカゴ出身の4人組のバンド。

2005年にリリースしたセカンドアルバム『Oh No』の収録曲『Here It Goes Again』のミュージックビデオでルームランナーを使って踊る映像がネットで話題に。

2016YouTubeビデオアワードや2007年度のグラミー賞を受賞した。

発表するミュージックビデオは毎回ユニーク。一発撮りが多い。

大きなピタゴラスイッチ風の仕掛けでワンカット撮影。セッティングするだけでも大変そう。

犬がたくさん出てくるビデオも。メイキング映像では124テイク取り直した記録が残っている。

無重力状態で跳んだりはねたりしながらワンシーン撮影。失敗が許されなさそうにも見える。メンバーの運動神経もすごい。


 

■日本でもOK GoのMVを撮影していた

2014年に公開された『I Won’t Let You Down』は千葉のショッピングセンター・ロングウッドステーションで撮影された。

広大な土地で2,400人のエキストラとドローンを使った、桁外れの規模のビデオに。

制作には日本のクリエイティブディレクターが関わっており、曲の途中には日本語で「1、2、3、4」とカウントする女子高生の声も。ビデオの冒頭にはPerfumeの3人がスタッフ役として出演している。

・合わせて読みたい→本日Mステ出演ELEVENPLAYのMIKIKOが閉会式で魅せた3つのテクノロジー

(取材・文/しらべぇ編集部・京岡栄作

あなたにオススメ