出世しそうな人を狙って交際したことは?二股経験者には要注意

sirabee161219syusse1
(©ぱくたそ)

結婚したいと思う男性がいた時に、結婚の決め手となるものは人それぞれだろう。その中でも、出世しそうな男性を狙って付き合ったことがある人はいるのだろうか。

しらべぇでは、全国20代〜60代の女性691名に対し、「出世しそうな男性を狙って交際したことがある」という人の割合を調査してみた。


 

■無職の人は多くを望まない?

全体の割合を見てみると、5.6%と少ない結果となった。出世しそうな人を見定めること自体がそもそも難しく、地位やお金よりも、自分と生活ができるかと考える人のほうが多いということかもしれない。

しかし、職業別で見てみたところ、それ以上に少なかったのが無職・家事手伝いの人で、0.0%だった。

sirabee161219syusse2

自分が仕事をしてお金を得ていないことは、相手の出世などという高望みをしないことにもつながるのだろうか。


実際に、出世しそうな人を狙ったことはないという人に、その理由を聞いてみると…

「出世しそうな人とかより、自分と考え方が合うか、一緒にいて楽しいかのほうが大事ですね。結婚後は私も仕事を続けたいのもありますし、生活ができるくらい稼いでくれればそれでいいです」(20代・女性)


結婚後は大きな贅沢をせずとも、ともに楽しく暮らしていけるほうが大事だと考える人は少なくないのかもしれない。


 

■二股経験者は天秤にかける傾向に

特徴別で見てみると、二股以上したことがあるという人の18.1%が、出世しそうな男性を狙って交際した経験があると答えた。

出世

全体の割合と比べても3倍以上の割合だ。「それぞれに良いところがあるから一人に決められない」などと、性格重視発言をする人もいるだろう。

だがそれよりも、複数の男性と交際して見定めることで、出世しそうな人を選別しているのかもしれない。

もちろん、結婚する人が出世してくれたら、良いに越したことはない。でも、最低限のお金があればいいという、日本人らしい慎ましさが表れた結果といえそうだ。

・合わせて読みたい→休みの日こそ充実!「休日の起床時刻」は出世と関係する?

(取材・文/しらべぇ編集部・山吹彩野

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年10月21日~2016年10月24日
対象:全国20代~60代の女性691名(有効回答数)

あなたにオススメ