明日から休みなら12連休!年末年始の働き方を調べてみたら…

忘年会
(TAGSTOCK1/iStock/Thinkstock)

今年も年の瀬が近づき、忘年会シーズンもまっただ中。そして、クリスマスは週末の3連休。

週が明けると26日で、働く人の多くが来週なかばに「仕事納め」を迎えることだろう。しかし、今年は大晦日から元日が週末にあたることもあり、実質的な年末年始休みが短い。

ところが、いっそ22日に仕事を終えてしまうと、年明けの仕事始めまで最大12連休にすることも可能なのだ。

世の中は、年末年始をどのように休むのだろうか。しらべぇ編集部がツイッターユーザーを対象に調査してみたところ…



 

■7割以上が「来週も仕事」

年末年始

「26日以降は休む」と答えたのは、わずか1割。全体の7割以上が年末最後の週も休まず仕事をすることがわかった。


関連記事:サービスや医療などの仕事に多い… 年末年始にも働いている人の割合は

 

■休む人・休まない人、それぞれの声は…

編集部が22日までで休む人、仕事納めまで働く人に話を聞いてみたところ…

<休む派>


「年末年始はわりと海外で過ごすことが多いです。クリスマス過ぎると航空券が一気に値上がりするので、できればその前に休みたいのですが、今年はラッキーですね。南仏とイタリアに行く予定です」(30代・男性)


<休まない派>

「正月休みって意外と後半やることなくなるから、今年は短くてむしろありがたい。もちろん28日の仕事納めまでふつうに働きます。家にいるより、そのほうが楽だし」(40代・男性)


「ブラック企業」「ブラックバイト」といった言葉もよく聞かれる日本。無理に長く休むことはないが、貴重な休日に精一杯骨を休めたい。

・合わせて読みたい→「はしゃぐ」「泣く」子連れの正月帰省に朗報 東海道新幹線の一部に専用車両

(文/しらべぇ編集部・タカハシマコト