SMAP「最後の忘年会」の場?堺正章プロデュースの焼肉店が激ウマ


昨年の12月31日の夜、NHK『紅白歌合戦』に出場しなかったSMAPメンバーのうち、木村拓哉を除く4人が集まったと言われる忘年会。

亀裂が噂されたキムタクが来なかった一方で、96年に脱退した元メンバーでオートレーサーの森且行選手も合流したと報じられている。

その現場と言われるのが、東京・六本木にある高級焼肉店だ。SMAPが最後の宴の場に選ぶくらいだから、さぞウマいに違いない。

ということで、しらべぇ取材班も、現場と特定されている焼肉店『炭火焼肉An』を訪れてみた。

 

■見た目からして高級感

炭火焼肉An

お店があるのは、東京ミッドタウンの隣。レンガづくりの重厚な建物が、それだ。報道では、その焼肉店はタレントの堺正章プロデュースと言われていたが、看板にも堺の写真とコメントが。

炭火焼肉An

「三ツ星シェフの堺正章」だけに、星3つのデザイン。炭火焼肉Anでは、堺が愛する沖縄県産「もとぶ牛」を使用している。

堺正章

 

■SMAPが頼んだのはコレか?

メニュー

メニューの最初に載っているのは、「もとぶ牛一頭盛り:4,470円(1人前)」。

写真には「肩シン」「三角バラ」など希少部位も並び、おそらくSMAPメンバーが注文したのは、こちらではないだろうか。

しかし、取材班は予算的に1,700円の焼肉ランチをセレクト。しかし、ロースが4枚、カルビが3枚ついており、ナムル、スープ(コムタン・ユッケジャン・玉子から選べる)、ライスとじゅうぶんなセット。

キムチもお好みでつけられる。

焼肉

 

■沖縄県民も「本場らしい」と太鼓判

焼肉

もとぶ牛は、沖縄が誇る銘柄牛ということで、沖縄出身者と同行したところ、

「ロースは、かなりしっかりとした歯ごたえで、噛むと赤身のうま味を感じる。沖縄のステーキを思い出した」

 

とのこと。カルビにはA4等級らしく、美しくサシが入っている。

なお、SMAPが「年越しに頼んだ」と報じられている「うどん」はグランドメニューにはなく、「特注」だったのかもしれない。

メニュー

【炭火焼肉An】
住所:東京都港区六本木4-4-8

・合わせて読みたい→SMAP元マネージャーの置き土産?ジャニーズ若手がコンサートで号泣

(取材・文/しらべぇ編集部・猫山ニャン子