『真田丸』公式サイトも31日で完全終了 ファンからは嘆きの声


真田丸

(画像はNHK公式サイトのスクリーンショット)

昨年12月18日の「最終回」をもって放送終了し、年末には「総集編」も放送されたNHK大河ドラマ『真田丸』。

年間の平均視聴率はここ5年間で最高、最終回の総合視聴率は21.3%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)を記録した。

 

■「さなロス」「丸ロス」が続く

多くの人の心を1年間とらえ続けたコンテンツだけに、喪失感から「さなロス」「丸ロス」といった声も聞かれる。

最終回(第50回)の放送が終了した翌週日曜25日夜には、ツイッターで「#真田丸第51回」とハッシュタグをつけた二次創作祭りも行われた。

『真田丸』幻の「第51回」?二次創作が大盛り上がり

しかし、NHKの『真田丸』公式サイトが今月31日で終了と告知され、ロスに拍車をかける状況となっている。

 

■「残してほしい」の声に「肖像権が…」

ツイッターでは、ファンによる「何らかの形で残してほしい」という意見が目立つ。

一方で、「俳優の肖像権が問題」という声も。これに対しても、貴重な資料として何らかの対応策ができないか、といったツイートも見られる。

有料化、もしくはネットメディアではない形で、こうした資料が残せる仕組みも期待される。

・合わせて読みたい→柴咲コウ『おんな城主 直虎』は『真田丸』より期待できる?

(文/しらべぇ編集部・盛山盛夫

関連記事