『声優総選挙』に若手が選ばれず抗議殺到→たしなめる声も続出


声優総選挙

(画像はTwitterのスクリーンショット)

9日、『人気声優200人が本気で選んだ! 声優総選挙! 3時間SP』(テレビ朝日系)が放送された。

多くのアニメファン、声優ファンが見守ったこの番組だが、ランクインしたのは大御所たちばかり。テレビ朝日系のアニメが目立つ、乃木坂46の生駒里奈が炎上するなどもあって、大きな注目を集めている。

『声優総選挙』上位はベテラン独占 「大人の事情」にファン激怒

『声優総選挙』で感涙の生駒里奈 批判殺到で土下座謝罪

 

■若手がほとんどランクインせず…

実際、上位25位に選ばれた面々を見てみると、たしかにそうそうたる顔ぶれだ。

しかし、この人選に対し、てっきり昨今の人気声優たちも少しは選ばれるものだと思っていた人々からは、さみしさ混じりで不満の声が寄せられている様子だ。

 

■過激ツイートをたしなめる人も

中には過激なツイートも散見されたが、そんな流れをたしなめる人も。「声優が選んだ声優なのだから若手が選ばれるのは難しい」「今の声優界を作ってきた偉大な人たちに失礼」「若手がこの中に入ると恐縮する」などが多く見られる意見だ。

もっとも、選出された声優の中にも若手声優に対して気を遣ってくれている様子の人も複数見られた。『ルパン三世』シリーズの次元大介役・小林清志や、初代ジャイアン役の故・たてかべ和也氏などだ。

このように大御所たちも少なからず気を遣っていることを考えると、どこかで折り合いをつけるのも必要なのかもしれない。

ネット民の中には「山寺宏一と野沢雅子はレジェンド枠でもいいと思う」「亡くなった方は別枠で表彰しよう」などと提言する人も見られたが、次回以降なにかしらの変更を行うのは、たしかにアリだろう。

 

熱心なファンが多いゆえに賛否両論が出ることとなった今回の番組。

10年、20年後にまたアンケートをとれば一体どんな結果になるのだろうか。そのとき、今の若手人気声優たちが「大御所」「憧れの存在」になっている未来を楽しみに、今季もたくさん彼らの美声を楽しみたい。

・合わせて読みたい⇒『声優総選挙』で感涙の生駒里奈 批判殺到で土下座謝罪

(文/しらべぇ編集部・クレソン佐藤

関連記事