どっちが上か下か…他人の収入を意外と気にするのは元ヤン


(watoson/iStock/Thinkstock)

(watoson/iStock/Thinkstock)

正月休みも終わって通常営業が落ち着いてくると、年度末の査定面談がスタートする会社も多いのではないだろうか。

終身雇用・年功序列で自動的に給与が上がった時代は、もはや遠いできごと。会社の業績によっては、「現状維持できたら御の字」という冷え込みの中、今期のアピールポイントを捻り出す…といった切ない話も聞こえてくる。

そうした中で、「あいつ自分よりも、もらっているんじゃないか?」と疑心暗鬼にかられるサラリーマンも少なくない。

しらべぇ編集部では、全国の20~60代の男女1,365名を対象に「他人の収入が気になる」人の割合を調査した。

 

■既婚者の方が「気になる」

全体では33.0%と、3人に1人が「他人の収入が気になるほうだ」と回答。男女では男性が30.1%に対し、女性は35.8%。女性の方が5ポイント以上、高い数値となった。

さらに開きが出たのは、既婚者・未婚者での割合の違いだ。

201701110630_01

未婚の場合は25.6%だが、既婚者になると39.3%で13ポイント以上の差が出る。

実際に「他人の収入が気になる」という既婚者に、話を聞いてみた。

「元は夫婦で共働きでしたが、子供が生まれて妻が復職できていないので、かなりギリギリですね。控除とかいろいろありますけど、まだ独身の友人のお金の使い方を見ていると、正直うらやましいと感じます。

昔は『他人がどうかなんて、関係ない』くらいに思っていたけど、家族の生活がかかっているとなると、気になるようになって…先日もポロッと友達に『いくらもらってるの?』と聞いてしまい、ちょっと気まずい雰囲気になっちゃいました(苦笑)」(30代・男性)

 

■意外と「元ヤン」が気にする

さらに特徴別で高い数値となったのは

201701110630_02

「人を学歴で判断する方だ」64.2%、「元ヤンだ」61.4%、「自分はナルシストだと思う」56.3%が、半数を超える結果に。

イメージ通りな「学歴で判断する」と「ナルシスト」に対して、「元ヤン」の6割超えがかなり意外な印象だ。

こちらも実際に「元ヤン」を自認する人に、話を聞いてみると

「自分は自分ってポーズを見せるけど、人の目を結構気にするタイプが多いし、『どっちが上か、下か』ってこだわるから、すごく気にしますよ。ヤンキーの方が。

ただ気にしているとは思われたくないから、表には出さないです」(40代・男性)

 

「やんちゃをしていたけど、今はマジメにやっている分、他人の評価が気になる時があります。収入って、他人からの評価のひとつじゃないですか。

 

学生時代に単に器用に立ち回るだけの人が、先生や周りに評価されるのを見てきているから、ヘンに敏感というか…そういう面でも、他人の収入は気になっちゃいますね」(30代・女性)

 

勤めている会社の業績に左右される要素は大きいが、成果主義での評価制度が当たり前になりつつある昨今、「収入は、他人からの評価のひとつ」というのは、確かに一理ある。

しかし、探りを入れると人間関係がギクシャクすることも多く、密かに知った場合でも、なんとなく「納得できない」数字だと、モヤモヤすることになり兼ねない。

気にしすぎないようにしたいところだが、やっぱり気になって仕方ないかも…。

・合わせて読みたい→スマホ代も払えず音信不通に 「貧困新社会人」の実態とは

(取材・文/しらべぇ編集部・くはたみほ
【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年12月16日~2016年12月19日
対象:全国20代~60代の男女1,365名

関連記事