金正恩、171ページの写真集を無料公開も「誰得?」と困惑の声


連日さまざまな問題がとりざたされる北朝鮮だが、「ある取り組み」で困惑が起きている。

金日成主席から続く個人崇拝の象徴である金正恩氏(33)が、初の写真集を北朝鮮国内で発刊後、全世界に向けインターネット上で無料公開したのだ。

sirabee20170121kimu01

(画像は「わが民族同士グラビアページ」からのスクリーンショット)

 

■金正恩だらけの171ページ

正恩氏はじめての写真集『人民の偉大なる空』は、2016年に北朝鮮の平壌出版社が発刊したもの。

これまで部下に対する厳しい表情や叱責する様子が目立っていた正恩氏だが、写真集のテーマである「人民愛」に沿った別の一面をみせている。

数百人もの人民が殺到しもみくちゃにされる、老女や少年兵士・女性兵士に優しいまなざしをおくる、自身でカメラを持ち兵士を撮影するなど、171ページにわたり人民と楽しげに接する正恩氏が演出されているのだ。

 

■ネットの反応は?

北朝鮮の祖国平和統一委員会が運営する対外向け宣伝サイトで、全ページが無料公開されたことを読売テレビ『情報ライブミヤネ屋』が18日に放送し、日本でも話題となった。

しらべぇ編集部では、ツイッターでの視聴者の反応を集めてみた。

「誰がほしいのか?」疑問の声が殺到する中、「ネタとしてほしい」「ほしいけどダウンロードしても(ウイルスなど)大丈夫か?」との声もあった。

多くの幹部を粛正、核実験やミサイル発射など、国内国外問わず、蛮行・独裁ぶりが知られてきた正恩氏。

しかし、新年慣例の「新年の辞」で自己批判し頭を下げるなど、これまで北朝鮮を独裁的に統治してきた金氏一族からはありえない姿をみせている。

今回の写真集含め「人民のことを想う指導者」としての姿を国内外にアピールし、イメージの好転を図る戦略でもあるのだろう。

特徴的なルックスも話題となる人物だけに、写真集には興味を持つ方も多い。今後、世間を騒がすのは、明るいニュースにとどめてほしいと願うばかりだ。

・あわせて読みたい→【衝撃】マクドナルドで「北朝鮮バーガーください」と言うと新作を注文可能

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ