しらべぇ

ついにこの日が…「株式会社マリカー」が任天堂に訴えられる

ホビー

(画像はマリカーのスクリーンショット)

(画像はマリカーのスクリーンショット)

渋谷や秋葉原を歩いていると、時折コスプレをしたカート集団を目にすることがある。これらのレンタルを手がけているのは、その名も「株式会社マリカー」。

名前や内容を聞くと「任天堂と何か関係があるのかな?」と思ってしまうが、全くの無関係だ。

 

■任天堂がついに、訴訟に踏み切る

24日、任天堂は「公道カートのレンタルサービスに伴う当社知的財産の利用行為に対する訴訟提起について」というニュースリリースを発表。

(画像は任天堂公式サイトのスクリーンショット)

(画像は任天堂公式サイトのスクリーンショット)

その中で

・「マリオカート」の略称である「マリカー」という標章をその会社名等として用いていること

・公道カートをレンタルする際に「マリオ」等のコスチュームを貸与等した上、そのコスチュームが写った画像や映像を当社の許諾を得ることなく宣伝・営業に利用していること

などが不当競争行為及び著作権侵害行為に当たると主張している。

株式会社マリカーは2015年に法人登記。ネット上では「いつ任天堂に訴えられるか…」と言われ続けていたが、ついにその日がやってきてしまった。

 

■サイト上には「マリオ」関連のコスプレ姿が大量に

株式会社マリカーのサイトでは、かなり多くの「コスプレ写真」を使用している。

(画像はマリカーのスクリーンショット)

(画像はマリカーのスクリーンショット)

さらに、「コスプレのレンタルをしている」旨をはっきりと明記。

(画像はマリカーのスクリーンショット)

(画像はマリカーのスクリーンショット)

また、動画もYouTubeに多数アップしている。

(画像はマリカーのスクリーンショット)

(画像はマリカーのスクリーンショット)

株式会社マリカー側から、今回の件に関する発表などはまだされていない。

数多くの番組にも取り上げられていたマリカー。ネット上では「あそこまで堂々とやってたのに無許可だったのか」「見逃されていたのに、調子に乗って全国展開しちゃったからな…」という声が上がっている。

・合わせて読みたい→『スーパーマリオラン』1ー4以降有料に「クソゲーだな」の声

(文/しらべぇ編集部・たつきあつこ

関連記事

WEBアシスタント募集中 WEBエンジニア募集