小林麻央「免疫力アップの試み」って?海老蔵・麻央のブログを比較


sgirabee20170313ebimao

歌舞伎俳優・市川海老蔵(39)と、その妻で、乳がん闘病中のフリーアナウンサー小林麻央(34)が、12日、ともに公式ブログで日光浴をしたことを報告。

 

■海老蔵は影にハートマーク……愛を感じる投稿

海老蔵は、「散歩戻15分」のタイトルで、2人の影にハートマークを散らした画像とともに

「免疫力あげるのに、日光浴も良いと聞き。日光浴です。ポカポカ」

 

と綴り、妻の体調を気遣う優しさと、仲睦まじさを感じさせる投稿をアップ。一方の麻央は「日光浴」のタイトルで

「太陽の光を浴びて、エネルギーをお裾分け頂いていました」

 

という言葉とともに、爽やかな青空の写真を掲載している。

 

■一般的に日光浴は体に良いと言われているが

古来より、太陽の光を浴びることは体に良い、と言われているが、最近では、紫外線を浴びることで人間が合成できる「ビタミンD」が自然免疫力を高めてくれる、という説もあるようだ。

「日照量 乳がん」というワードで検索すると「日照量の多い地域は少ない地域よりも乳ガンの発生率・死亡率が明らかに低い」といった記述も複数ヒットし、海老蔵ブログに登場する

「免疫力あげるのに、日光浴も良いと聞き」

 

という記述は、一般的にもよく聞かれる説のようだ。

 

■528Hzの音楽って体に良い音なの?

また、麻央側のブログには

「528Hzの音楽を流しながら
細胞を修復する周波数だそうです」

 

という記述も見られるが、こちらも、最近巷でよく聞く説である。

528Hzという周波数を含んだ音楽は、「心身を安らぎモードに導く」とも言われ、モーツァルトやジョン・レノンの曲には癒しの作用があるという見方も……。

また、「528Hz」で検索すると、細胞が活性化するという意見もヒットする。もしそれが事実であれば、太陽光と併せて非常に体に良さそうだが。

仮に事実ではなくとも、青空の下で愛する夫と、心地よい音楽を聞いて過ごす休日は、リラックスした幸せな時間であることは容易に想像でき、心身を癒してくれそうだ。

 

■肌から吸収しているのは夫婦の愛情?

体や心が弱っている時、信頼できる人からもらえる安心感は、大切な栄養のひとつであるが……。

麻央は、

「ありがたい
本当に気持ちいい晴れ

今日は
あたたかいので
色々めくって笑 広範囲の肌から吸収!」

 

とも綴っている。

彼女が全身から吸収しているのは、「少しでも体に良さそうな事を一緒に試して、ふたりで幸せな時間を過ごしたい」と望み、多忙な時間を遣り繰りして、夫婦の時間を大切にする海老蔵からの愛情なのかもしれない。

・合わせて読みたい→乳がん闘病中の小林麻央 痛みで眠れず不安「心が試される」

(文/しらべぇ編集部・星子