ダレノガレ明美の料理スキルの進化がスゴい「本当に努力家」


ダレノガレ明美

(画像はTwitterのスクリーンショット)

日本人離れしたスタイルの良さと毒舌なキャラクターで人気のモデル・ダレノガレ明美。

今や多くの女性が憧れる「格好いいオンナ」な彼女だが、じつは人一倍努力家な面があり、学生時代ぽっちゃりしていた体型を地道なダイエットで卒業したことでも有名だ。

そんなダレノガレが一昨日、自身のTwitter上に手料理の写真をアップ。またもや努力家な面が判明し、話題になっている。

 

■今と昔の差がすごい……!

6年前に作った料理と、最近作った料理の写真。1枚目はスープと大きなプレートに遠慮がちに数品載っている程度だが、残りの写真は品数、色味、手の込み具合などすべてのレベルが高く、同時にとてもお洒落。同じ人が作ったとは思えないようなクオリティの差だ。

実際、ダレノガレはかなり努力したようで、「たくさん勉強して、作って、失敗して、また頑張って作る。何回も繰り返し、勉強しました」とコメント。

しかし、最後には「料理が苦手な方! 諦める前に頑張ってほしいな! 変われるから」と温かいエールを送って文章をしめている。

これには女性を中心とする多くの人々が勇気づけられたようで「スゴい!」「私も変われるのかな」「料理頑張ろうって思えました!」など、賞賛の声が多数寄せられている。

 

■料理上手を求める男性の割合は?

料理が苦手なことをコンプレックスに感じる女性は少なくないはず。いくら男女平等の世の中で、料理好きな男性も増えつつあるとはいえ、どうしても期待されてしまう……そんな現実があるのではないか。

sirabee0829renai

しらべぇ編集部が行なった調査では、「家事のできない女性は恋愛対象外だと思う」と答えた男性は35%存在。やはり、料理上手かどうかは大きな判断材料のひとつであるらしい。

だが、ダレノガレの努力を見ていれば勇気がもらえるところ。最初苦手だったとしても、何度も何度も試行錯誤すれば彼女のように上達することもあるようだ。

・合わせて読みたい⇒ダレノガレ明美の「デブ時代」がかわいすぎる マニアも賞賛「ダレダコレ天使」

(文/しらべぇ編集部・クレソン佐藤

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo 
調査期間:2016年7月22日~2016年7月25日

対象:全国20~60代の男性693名(有効回答数)