ひどい!「電車で子供が泣いた時に」周りにされた最悪言動3選

(junce/iStock/Thinkstock)
(junce/iStock/Thinkstock)

電車内で、赤ん坊が泣いてしまうと、周りが迷惑そうにジロジロと見るのはよく目にする光景だ。

それだけでも母親にとってはいたたまれなくなるが、見られるだけならまだしも、中にはヒドい言葉を呟かれる経験を持った人たちもいるらしい。

しらべぇ取材班は、母親女性たちに話しを聞いてみた。


 

①「俺なら絶対にタクシー使うわ」

「子供がギャン泣きしてしまったら、付近にいた若いサラリーマン三人が『泣き声って迷惑だから、俺なら子供との移動には絶対にタクシー使うわ』など、


聞こえよがしに言われたことがあります。母親側だって『金銭にゆとりがあったら周りに意地悪く見られずにすむタクシー使いたいわ!』という感じでしたね」(Rさん・36歳)


関連記事:救われた!「電車で子供が泣いた時」に周囲にされた感動体験3選

 

②「迷惑料として千円払う法律とかできればいいのに」

「子供が泣いた時に、目の前にいた大学生くらいの女性たちが、普通に聞こえるトーンで、『まじ騒音やめてほしい』『うるさいよね』


『子供が泣いたら、迷惑料として周りに千円払う法律とかできればいいのに』と、話されて。彼女たちもいつかは母親になるかもしれないのに…。


同じ女性としてショックでした」(Rさん・32歳)


③「一回降りたら?」

「満員のラッシュ時に子供が泣いてしまい。抱っこして必死にあやしていたんですが、泣き止まず、周り乗客のイライラ感も伝わってきました。


そんな時に、60代くらいの年配の女性に肩を叩かれて。子育て経験者だろうし、一瞬、励ましてくれるのかと思ったら…。


『一回降りたら? 子供も可哀想だし、皆の迷惑よ』と言われて。いずらくなって次の駅で降りた後に、育児のつらさも相まって私も号泣しましたね…」(Mさん・37歳)


車内で子供が泣いてしまった時には、迷惑そうに怖い顔で見るのはではなく、「お母さん頑張れ!」と温かい目で見てあげたいものだ。

・合わせて読みたい→無職は母のせい? 「母親の子育て方法」を否定する女性が多い

(取材・文/しらべぇ編集部・オレンジおっかさん