しらべぇ

調子のりやがって!社会人が激怒「取引先の横柄すぎる態度」3選

社会

(©ぱくたそ)

(©ぱくたそ)

得意先は、仕事を与えてくれるありがたい存在である一方で、ストレスの元凶となることもあるようだ。

しらべぇ取材班は、会社員たちに「得意先にされた激怒事件」を聞いてみた。

 

①年下の新入社員が「仕事を与えているから」と大きな態度で接してくる

「僕は製造業に勤めていて。うちの7割くらいの仕事を与えてくれている大口の得意先があるんですが、上場していて日本でもかなり有名な会社です。

 

でも社員教育は最悪。その会社に入ったばかりの男性新入社員と、その上司たちが視察にきたんですが、製品加工をしている僕らにたいして、

 

その男性新入社員は、『おまえ、ちゃんとやれよ』と肩を叩いてきたり、『うちの商品は、おまえの年収より高いんだから大事に扱えよ』と言ってきたり。

 

彼の上司も似たり寄ったりで、注意もしない。入って1ヶ月たらずの新入社員にすらこんな態度を取らせるなんて、日本有数の会社だからって調子のりすぎ…」(男性・36歳)

 

②電話で会社名なども名乗らずに「おい、○○部長だせよ」と命令してくる

「私は電話対応を含んだ事務員をしているんですが。電話の時って、『○○会社です。いつもお世話になっております』というのが最低限の礼儀ですよね。

 

でもその得意先は、電話をかけてきても会社名なども名乗らずに、こちらが出るなり『おい、○○部長だせよ』と一言言うだけ…。唖然としました。

 

また外出して出れないことを伝えた時には、『なんでいねーんだよ! つかえねーな!』と、そのまま切られたことも。でも一度、うちの会社に来た時に、

 

その人が携帯で電話しているのを見たことがあったんですが、得意先への電話のようで、その時は丁寧に会社名を名乗り、へこへこしていました」(女性・29歳)

 

③仕事が忙しくて断ったら「寝ずに残業してやればいい」と言われる

「仕事を依頼してきた得意先がいたんですが、ちょうど繁栄期でこれ以上は手が回らず、相手の希望期日までに間に合わせるのが難しいとお断りしたんです。

 

そうしたら『寝ずに残業してやればいいだろう。24時間フル稼働してやればいいだけじゃねーか』と。さすがにこちらも『それでは社員が大変なので』と、

 

やんわりと伝えたら、『てめぇのところの社員がどうなろうと、こっちには関係ないんだよ!』と…。最低すぎて、目が点になりましたね。

 

こんな言われようをされても、ただの平社員としては謝罪するしかないし、結局、上の命令で無理やり請け負うはめになり。ストレスがたまります…」(男性・30歳)

 

得意先にとっても、仕事を引き受けてくれる会社がいなかったら困るだろう。だが中には、そんな事実も忘れて、偉そうな態度を取ってくる人たちもいるようだ。

・合わせて読みたい→スマホ代も払えず音信不通に 「貧困新社会人」の実態とは

(取材・文/しらべぇ編集部・オレンジおっかさん

関連記事

WEBアシスタント募集中 WEBエンジニア募集