アメリカ人が知っている日本の都市ランキング 東京以外は悲劇的な結果に

日本とは深い絆があるように思える米国。しかし、東京以外の都市は意外なほど知られていない?

社会

2017/04/13 06:00

銀座
(jaraku/iStock/Thinkstock)

五輪開催を3年後に控えた、東京。滝川クリステルによる「オ・モ・テ・ナ・シ」のプレゼンテーションや、国際オリンピック委員会(IOC)のロゲ会長が「トキョ!」と発言したのは印象深い。

昨今は外国人観光客も増えつつあり、東京をはじめ日本の都市も世界に知られているようにも思われるが、実際のところはどうなのだろうか?

しらべぇ編集部は、リトアニアに本社を持つ調査会社Syno Japanと共同で米国人1,050名を対象に調査を実施。 「米国人が知っている日本の都市ランキング」を作成した。


 

■東京は9割だが…

日本の都市

次期五輪の開催都市とあってか、東京の知名度は9割に迫る。しかし、それ以外の街は、なかなか厳しい結果だ。

2位大阪の知名度は、一気に下がって4割。観光でも人気の京都や幕末から海外に向けて開かれていた港町・横浜は、わずか3割だ。2割を超えたのは、同じく港町の神戸まで。

「三大都市圏」のひとつで、リニア新幹線を開業をひかえて開発が続く名古屋は、今回の8都市の中で最下位。ブランドイメージや情報発信力の低さが浮き彫りとなった。


ただし、米国民の1割は「日本の都市をひとつも知らない」という事実も衝撃だ。米国が「内向き」の政策を求めている状況は、トランプ大統領誕生の背景とも報じられている。

安倍首相が訪米し、トランプ大統領と固い握手を交わした日米同盟。しかし、同盟で結ばれた片方の国では「相手の首都以外はほとんど知られていない」ということは覚えておいたほうがいいだろう。

・合わせて読みたい→和食ブームの裏側 アメリカ人の5割「寿司は中国・韓国の料理」

(文/しらべぇ編集部・タカハシマコト 調査協力/Syno Japan

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ
調査期間:2017年2月24日~2017年2月27日
対象:全米50州に居住する10代~60代の男女1050名(有効回答数)


あなたにオススメ