常盤貴子、カンヌでの見返りショット公開 艶やかな着物姿が「国宝級」

女優の常盤貴子がインスタグラムに蝶々の柄の着物を着て振り返っている写真をアップし、見返り美人そのものの美しさが話題に

エンタメ

2019/10/17 08:20

女優の常盤貴子(47)が、自身の公式インスタグラムを更新。美しい着物姿の写真を公開し、「国宝級の美貌」でファンを喜ばせている。


 

■水原希子からも「いいね」

現在、世界最大規模のテレビ・エンターテインメント関連国際見本市「MIPCOM(ミプコム)」に出席するためにフランスのカンヌを訪れている常盤。

自身が出演する時代劇『帰郷』(杉田成道監督)が現地時間15日にアジア作品として初のプレミア上映され、レッドカーペットにも登場。SNSにも現地の様子をアップしている。

蝶々の柄の着物を着用して振り返った「見返りショット」は艶やかで美しく、水原希子(29)など芸能人からも「いいね」が寄せられている。

View this post on Instagram

蝶々づくし🦋

A post shared by 常盤貴子 (@takakotokiwa_official) on


関連記事:粋な男性が多くなってきた? 意外な年代が「着物を着て生活する」と判明

 

■「マジ国宝級」の美しさ

持ち前の美貌のみならず、姿勢や所作の美しさまで伝わってきそうな常盤貴子の「見返り写真」。同日には杉田成道監督や佐藤二郎とのスリーショット写真も投稿しており、輝くような笑顔に称賛の声が集まっていた。

さらに「日本にこんなに着物が似合う女性っているんですか マジ国宝級」という絶賛コメントや、「MIPCOM」で上映されるというアジア初の快挙を祝う声が書き込まれていた。

次ページ
■着物姿の女性はステキ?

この記事の画像(1枚)