【コラム】いま、アイツの態度がウザい!嫌いじゃないけどムカつく態度トップ5

コラム

2014/07/01 18:00

uza山本一郎です。最近、腹が出たり引っ込んだりしています。出る原因はビールやラーメンであり、引っ込む原因はストレスです。ストレスが溜まるといろいろムカつきますよね、ええ、ええ。

私の腹回り事情はともかく、身の回りにいる不愉快な人を分析してみますと、やはり人間としての態度がマキシマムな人物にはだいたいムカつく経験を持つようです。本当に腹の立つ人は単純に“あの人嫌い”で済ませられますが、私たちの人生で実は問題なのは、いい人なのに態度がでかくてたまにムカつく人なんじゃないでしょうか。

このある種“ムカつきそうでムカつかない少しムカつく態度”について、取材班はパネルに対してこう質問しました。

■問1:仕事での上司、同僚、部下などで、嫌いではないのだが態度がムカつく人の特徴を3つ教えてください。

■問2:その態度に対して、具体的にどうムカつきましたか?

そうしたら、来るわ来るわ男性199人女性240人からのご回答が。パネルの皆さま、ありがとうございました。頂戴した内容を類似語で集計し、トップ5を作ってみました、ええ、単純なトップ5です。

なお、タイトルの元ネタは宝島社の『このミステリーがすごい!大賞』からインスパイアされました。まったく脈絡なくてすみません、この原稿の締め切り近くて急いでるんで…。

第5位:『薄汚い』『臭い』『不潔』『気持ち悪い』

出ました、悪いやつじゃないのに生理的な理由でムカつかれている人々。かわいそうに。単純に嫌われているのではなく、悪い人ではないけど一緒にいたくないという好例になっておるようです。

「汚い人が生きているだけでこちらも汚れる気分になるので近くに来ないで欲しい」「仕事ができても汚い人はウザいし腹が立つ」「歯が黄ばんでる」「息が臭い」「タバコ部屋から出てきてすぐ話しかけられると悶絶する」など、原則として女性を中心に汚い人はどんなに仕事ができても立派でも死ねという方向でおおよその意見一致を見ております。やっぱりビジネスパーソンたるもの清潔感が一番、ということなのでしょうか。大きなお世話だ馬鹿野郎。

一方、我らが男性サイドから見ますと、あまり汚いから嫌だとかは存在しないようで、ワード的には唯一匂い系が見られます。「隣の席のワキガだけは許せない」「匂うと集中できない。本人はいい奴なんだけどね」と、割と本人にはどうしようもない感じがウケて5位でありました。みんな、体臭には気をつけようね(はぁと)。

第4位:『愚痴っぽい』『不満ばかり言う』『文句が多い』

「プライベートで話すと不平不満ばかり。こちらがイライラする」と、素敵な呪詛使いが男女各年代満遍なくムカつかれて第4位。中でも「一度我慢して不満を聞いてやったら、不満の捌け口として認識されたのか、毎日昼休みに愚痴を言われるようになった」とか「文句を言うぐらいならもっと働けっていつも思う」といった、周囲に辛い思いが行き渡っている感じでハートウォーミングです。

「上司が役員の不満を言うのが聞くに堪えない。役員がクズなのはみんな知っているんだから一緒に死ねばいいのに」「文句を言われ慣れてしまったのか、気がつくと他人にまで似たような文句を言ってしまう自分に気づく」などと、この辺の愚痴はどうやら周囲に伝染するようですね。なんか超バイオハザードですね。ヤバイっすね。

コメントの中では「愚痴っぽい人は、たいてい口が歪んでいるんですよね」と人相にまで言及が。恐ろしい。実に恐ろしい。

第3位:『人の話を聞いていない』『同じことを何度も言わせる』

話を聞かないのは能力ややる気のバロメーター。ついさっき言ったことを忘れる阿呆と仕事をするととても大変な思いをすることになります。第3位は「にこにこしていて女性社員からは人気あるんだけど、ぜんぜん人の話を聞いてなくて仕事ができない」「人当たりはいいのだが、話が伝わらない」「彼は人間か? と思うぐらいコミュニケートできない」といった、そもそも人じゃないんじゃないかというレベルの人たちがランクインしました。やー、ムカつきますね。

稀に、コミュニケーションについての障害を持っているだけの人もいるので注意が必要ですが、「病気かと思って周囲も気を遣ったのに、単純に注意力散漫なだけだったとか、本気で頭にきた」などの事例もあり、悩ましいところであります。

「同じミスをするので叱っても“はぁ”としか言わない」「うちは簡単に人を辞めさせられないからか、話が通じない人専用の部署がある」という類の絶望を通り越してむしろ快感すら覚える不思議なコメントも多数頂戴しております。「期待の院卒君がこれだった。その残念感たるや」といった声もある一方、「うわーダメだ、こいつ話ぜんぜん通じねーわ、と思ったらインド人だった」とかおいお前。

第2位:『責任を取らない』『逃げ回ってばかりいる』『言い訳する』

出ました! 責任取らない人。「言うだけ言って、見事に何もしない」「責任を取らないのが処世術だと思っている上司がいる」「こういう奴らに限って出世する」「仕事だけなら一般職の私のほうが絶対にできる」と悪評が津波のようにやってきて、わたくしマイッチング(死語)。

「言い訳がとにかく見苦しい」男性上司がいたかと思えば、「何かにつけて『女』を出す上司が問題を起こした途端にヒステリー起こす」女性幹部がいるようで、この辺は仕事を率先してこなすべき上司に対する嫌悪感としてはやはり上位にくるみたいです。

かなり本気で怒ってる回答者も多かったんですが、あの、質問はあくまで“嫌いではないのだが態度がムカつく人”ですから! “嫌いではないけど”ですから!

下位ですが『他人手柄を平然と横取りする人』も8位にランクインしており、この手の無責任体質は全体的に馬鹿にされる象徴として末永く君臨していっていただきたいと思います。

第1位:『自慢話ばかりする』『武勇伝ばかり』『自分にしか興味がない』

栄えある第1位はこんな人でした。自慢話、だるいですよね。「なんで会議中に社長の高校時代の喧嘩自慢を社員一同で聞かされているのか理解できない」「ノミニュケーションが大事とか言ってる人はたいてい自慢スキー」「女のモテ話は聞くに堪えない」「己の自慢に埋もれて死ね」など、相手の聞く意識を足首から砕くミーイズムの世界に回答者一同お怒りであります。

「いや、あなたが大学時代に芸能人と同級生だったとかどうでもいいですから」「人を食った態度とセットで自慢話が飛んでくる」など、あらゆる方面から自意識過剰に対する罵声が解答欄に飛び交い、読んでいるこちらが申し訳ない気持ちになってまいります。

ただ皆さん、設問ちゃんと読みましょう! あくまで“嫌いではないのだが態度がムカつく人”ですから!

「人には必ず美徳があると教えられたけど、本筋と無関係な自慢をされた瞬間にゼロになります」と、結構この辺では辛口が多いですなあ。やはり人間、油断をすると昔話を他人に聞かせたくなるという遺伝子を持って生まれてきてしまったのかもしれません。

ちなみに相関の高そうな回答として『話が長い』(7位)、『話がつまらない』(9位)もいるようです。やー、これだとせっかくのアンケートがダメ人間コンテストみたいになっちゃいましたね。

勉強になりました!

(文/山本一郎