お化け屋敷とジェットコースター、どっちが怖い?男女で全然違う結果に!!

coaster


夏の遊園地の定番といえば、お化け屋敷、そしてジェットコースターのような絶叫マシンですね。これだけ暑いとヒヤリとしたくなるのが人情ですし、一説によると「対抗恐怖」とよばれる“恐怖の対象に自分から進んで挑みたくなる心理”によって、私たちはこういうものに惹きつけられるみたいです。

では、世間ではお化け屋敷とジェットコースター、どっちが怖いと思われてるんでしょうか? 「しらべぇ」編集部では、全国の20代~60代の男性・女性それぞれ750名ずつにアンケートをとってみました。まずは全体の結果から紹介します。

・お化け屋敷のほうが怖い:33.5%
・ジェットコースターのほうが怖い:66.5%

というわけで、ダブルスコアでジェットコースターに軍配が上がりました。ほとんど起こりませんが、最悪の最悪の最悪の場合、ジェットコースターのスリルの先には事故、つまりリアルな死の可能性が待っているんじゃないかと思ってしまいますからね。

もちろん、各遊園地は安全基準を厳守して、絶対にそんなことにならぬよう運営していることは頭ではわかってはいるんです。でも、五感で危険を感じやすいのは、どうしてもジェットコースターですよね。あのスピード、車輪のきしみ音、風…。一方お化け屋敷は、心底びっくりしたとしてもあくまで「びっくり」どまりで、それ以上の事態にはなりません。

ところが! こんな風に理屈っぽく考えるのは筆者が男性だからなのか? と思える驚きの結果が、男女別データに表れていました。

男性:
・お化け屋敷のほうが怖い:25.6%
・ジェットコースターのほうが怖い:74.4%

女性:
・お化け屋敷のほうが怖い:41.3%
・ジェットコースターのほうが怖い:58.7%

女性では、「お化け屋敷」派が明らかに多いのです! 男性は全年代を通じて「お化け屋敷のほうが怖い」という人が20%台と低めなのですが、それに対して女性、特に20代30代女性では、それぞれ順に48.7%、49.3%とほぼ半数にまで達します。

と、いうことは…。たとえば、気になる女子が「お化け屋敷、怖いよね…」と言っていてもそれは当然のことで、さきほどの「対抗恐怖」も考えるとむしろデートに誘う絶好のチャンス、かもしれません!? 誘っても断わられるかもしれない恐怖にも、この夏、男性の皆さんはぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2014年7月22日(火)~7月25日(金)
対象:全国20代~60代 男女ユーザー計1500名

(文/しらべぇ編集部・伊東宏之

あなたにオススメ