しらべぇ

たむらまろ、こんでんえいねん…「語呂のいい日本史用語」ベスト8が投票で決定!

男女

nihonshi

「縄文、弥生……昭和、平成」これが言えたらクラスでも一目置かれていた小学校の頃、まさか「日本史」と名前が変わった瞬間苦しめられる日が来るなんて思っていなかった…それは、文系の大学受験“あるある”ではないでしょうか。

穴があくほど日本史の教科書と向き合い続けた鬼の受験期から早数年、いや、数十年…。小野妹子と蘇我馬子の違いも忘れつつある今日この頃、月日が経っても脳裏に刻み付けられた、やたら語呂がいい歴史用語があなたの中にも残っているはず。

そこで、以前公開した記事「声に出したい、響きだけ忘れられない…語呂の良い世界史用語を10語選出してみた」への好評を得て、今回しらべぇ編集部では、20代から60代の男女500人を対象に選択式アンケートをとり、日本史用語で最も「語呂のいい」ものベスト8を選出しました。(調査方法:インターネットリサーチ「Qzoo」、調査期間:2014年8月15日~8月19日)

■第8位「禁中並公家諸法度(きんちゅうならびにくげしょはっと)」

さっそく八文字熟語の大御所が登場。これは、1615年に江戸幕府が天皇と公家の行動を規制するために定めた法度(規則)のことですね。「禁中並公家諸法度」と検索しようとすると、予測変換に「かっこいい」と出てくるくらいに何か猛々しさを感じる語呂ですが、これでもまだ8位。このランキングにはどんな強者が揃っているのでしょうか…?

ちなみに起草者の金地院崇伝(こんちいんすうでん)もなかなかインパクトのある名前です。1615年の発令以来、幕末まで改訂されなかったといいますから、崇伝はデキる男です。

■第7位「王政復古の大号令(おうせいふっこのだいごうれい)」

個人的な推し語呂がここでランクイン! 1868年の大政奉還後に、長州・薩摩両藩が中心となって出させたもので、幕府の廃止や、天皇のもとに新たな職を置いて有力な藩が共同で政治を行う形をとるようにした改変のことです。まさに日本に夜明けが訪れた出来事ですが、わりとテストに出やすいのは「大政奉還」の方なんですよね。

■第6位「坂上田村麻呂(さかのうえのたむらまろ)」

人物で唯一ランクインを果たした坂上田村麻呂。彼の肩書きである「征夷大将軍」を「征夷大将軍近衛権中将陸奥出羽按察使兼陸奥守鎮守将軍」とまで覚えていたあなたは、歴史マスターかよっぽどの暇人です。

当時、野蛮な民族の住む地域とされていた東北地方と朝廷は長年に渡り争いを続けていましたが、802年に戦乱を集結させたのが坂上田村麻呂。東北出身の筆者としては朝廷の支配に複雑な気持ちもありつつも、彼がいなければ今の東北はなかったのでしょう。ありがとう田村麻呂。

■第5位「日米修好通商条約(にちべいしゅうこうつうしょうじょうやく)」

1858年に江戸幕府と米国が結んだこの条約は、米国側に領事裁判権を認めていることや、日本に関税自主権がなかったことから、日本側に不利な不平等条約だと言われていますね。「くっそ、アメリカくっそ!」と思いながら覚えていたことや、米国側の締結責任者「総領事ハリス」のヒゲがやたら立派だったことが印象的です。

■第4位「墾田永年私財法(こんでんえいねんしざいほう)」

これは743年に発布された土地法で、位階による開墾面積への制限などを条件に墾田の永世私有を許したというものですが、なぜか20代・30代の若い世代からの厚い支持が目立ちました。

「墾田永年私財法 feat. 田ンボマスター(山口 隆 fromサンボマスター)」(レキシ)という曲もあるそうで、この影響もあるのかもしれませんね。“僕は君のもの 永遠に 永遠に 永遠に 土地は 誰のもの? そんな風に思うよ”…しかもけっこう良い曲。この語呂には、若者心をくすぐる何かが隠されているのでしょうか?

■第3位「御成敗式目(ごせいばいしきもく)」

1232年、今風にいえば執権北条泰時のイニシアティブのもとに制定された51ヵ条の鎌倉幕府法。源頼朝以来の慣習法や先例などをベースにしてシステム化したもので、後に武家法のモデルになったことからも、北条泰時のロジスティクスには目を見張るものがありますね。ただ、「貞永式目」「関東式目」という別名が紛らわしくて仕方がなかったです。

■第2位「東海道中膝栗毛(とうかいどうちゅうひざくりげ)」

解せないのに印象に残ってしまう語彙ならナンバーワンを取れるであろう「膝栗毛」が奇しくもここでランクイン! これは、江戸時代後期の戯作者・十返舎一九の代表作で、1802年から1809年にかけて出版された滑稽本のことですが、旅道中記の国民文学として大名から庶民まで大きな人気を呼び。その後20年にわたり続編まで出されたという、世紀の大ベストセラー作品なんですよね。

それもちょっぴりエッチな内容もあったということが要因なのでしょうか、「時代が経っても、人って変わらないな…」とどこか安心します。

そして栄えある第1位は…?

■第1位「武家諸法度(ぶけしょはっと)」

この結果を見たとき「妥当!」と思わず声が出ました。アンケート結果からも、年代や性別にばらつきなく、とてもバランスよく染み渡っていることが伺えます。

第8位にもあがっている禁中並公家諸法度、寺家に対する諸宗本山本寺諸法度と並び、幕府による支配身分統制の基本法が「武家諸法度」ですが、ここにもまた、かの金地院崇伝が関わっているんですよね…。何者なんですかね。

以上、日本史用語で最も「語呂がいい」ものベスト8でした。

筆者は改めて、金地院崇伝がハンパなくデキる男だということだけは分かりました。「語呂がいい」世界史、日本史ときたら次は…?

・合わせて読みたい→声に出したい、響きだけ忘れられない…語呂の良い世界史用語を10語選出してみた

(文/しらべぇ編集部・みやけよう

関連記事

人気記事ランキング

アルバイト募集中 WEBエンジニア募集