ありえないあるある、驚きと涙もあり!海上自衛隊員との合コンに行ってみた

男女

2014/08/29 12:00

kaijo

「今度の合コン相手、××(職種)でさー」。合コン前に女子たちの中で必ず確認されるのが、合コン相手のお仕事。お医者さんや弁護士、有名大手企業だと思わず気合いが入る女子も多いのではないでしょうか?

筆者も合コンの経験はもちろんあり、先日も行ってきたのですが、今回驚いたのはそのお相手。「海上自衛隊員」だったんです! 普通の合コンとは一風変わった、海上自衛隊のみなさんとの合コンであったアレコレを紹介しちゃいます。


 

■上下関係厳しすぎ!「合コン中3時間立ちっぱなし」の後輩くん

まずは自己紹介。男性陣4人がそれぞれ簡単に自己紹介してくれました(自衛隊内での役職も話してくれたのですが、さっぱり分からず)。

とりあえず、30代半ばほどの先輩3人に20代後半の後輩くんが1人…ってあれ? 後輩くん、何で1人だけ立ってるの? 男性陣が選んでくれたお店は、カラオケのような個室にオーダー用の電話がついた居酒屋だったのですが、その電話の横に後輩くんが1人で立っているんです。

思わず「座ったら?」と勧める女性陣に、後輩くんは「大丈夫です! 先輩の手前座るわけにいかないんで!」とニッコリ。さすがは自衛隊員。体育会なんて比じゃないほどの上下関係の徹底っぷりです。結局、合コン中約3時間、後輩くんは料理を食べるとき以外立ちっぱなしでした。しかも、先輩の顔を立てるためか、あまり話さずニコニコしているだけ。もはや合コンというより授業参観のようになっておりました。

関連記事:【2014年版・合コンしたい企業ランキングトップ30】Googleが1位を獲得!

 

■ライバルを出し抜くポイントはここ! まさかの「アピールポイント」

合コンで男性陣がよく話すのが、自分のアピールポイント。「料理が得意だから彼女に作ってあげたい」「夜景スポットをたくさん知ってるからロマンチックなデートに連れて行きたい」など、筆者も数々のアピールポイントを聞いてきました。

しかし、自衛隊員のアピールポイントはひと味違います。自信満々に先輩の1人が言ったのがこれ。

「他の奴らは潜水艦だからケータイ繋がらないけど、俺は航空機だからケータイが繋がるよ!!」

そのときのドヤ顔を、きっと筆者は一生忘れません。ちなみに海上自衛隊員では、ケータイが繋がらないために彼女と連絡が取れず、破局する人も多いそうです。そう考えると、確かに重要なアピールポイントですよね。

■まるで映画か小説?! 自衛隊員の「恋愛あるある」がありえない!

自衛隊員のみなさんは基本的に寮生活。門限や規則も厳しい中で、どうやって恋愛をしているの? 気になっていたこの点を聞いてみると、まさかの珍回答が。

「寮は女人禁制だから、彼女をトランクに詰めて寮に連れ込むよ」

まるで小説か映画のようですが、これ「自衛隊あるある」だそうです。自衛隊員の彼氏を持つ彼女さんも、身体張ってるんですね。

■合コンで女性陣が涙。こんなかっこいい仕事トーク聞いたことない!

テレビなどで目にする機会はありますが、詳しくは理解しきれていなかった自衛隊員のみなさんのお仕事。「この機会に聞いてみよう!」と気軽に質問したのですが、彼らが語ってくれたのはやりがいと厳しさに満ちた仕事内容でした。

大きな天災が起こったときに出動し、現場で懸命に救助活動にあたったり、目の前の命を助けられずに悔しい思いをした経験談は映画や小説よりも生々しく、心を揺さぶるものでした。3.11の震災時も福島県に出動していた彼ら。当時の状況を思い出して言葉に詰まるその姿に、女性陣も思わず涙…。正義感とひたむきさにあふれた彼らの姿は、それまで出会ったどんな男性よりも正直かっこよかったです。

■女性陣おいてけぼり!? 帰り際はまるでシンデレラ。

楽しい時間もあっという間、1次会が終わったのは23時前でした。「二次会はカラオケ? それともバー?」とテンションが上がりはじめた女性陣をよそに、男性陣は「門限があるのでこれで!」とあっさり。小走りで闇夜に消えていくその後ろ姿はまるでシンデレラ。まだまだ話し足りなくて少し残念でしたが、去り際も潔くて好感度アップでした。

というわけで今回は、海上自衛隊員のみなさまとの合コンであったアレコレをお届けしました。

(文/しらべぇ編集部・河津愛美