誰や!Facebookで知らない人への誕生日コメントが表示されるのがウザい人、52.3%

2014/08/29 18:00

uzai

「mixi」の浸透から始まるその歴史以来、SNSが果たしてきた役割のひとつに、なかなか会えない友人と手軽にコミュニケーションが取れるというものがあります。たとえばFacebookでは、友だちの「誕生日お知らせ機能」が付いており、直接本人と会ったり電話をせずとも、誕生日を祝うメッセージを送ることができるのです。

この機能、とても便利であり、「友だち」が多い人の場合、ほぼ毎日誰かの誕生日をネット上で祝うことが可能です。

ところが、こうした状況はやや微妙な事態をもたらすこともあるようです。タイムライン上に、「友だち」による自分の知らない他人への誕生日メッセージが表示されてしまうのです。このようなメッセージは、人によってはうっとうしく感じるようなのです。

しらべぇ編集部によるアンケート調査によると、こうした状況をウザく感じる人はユーザーの52.3%と、実に2人に1人に及びます。(男女596人のFacebookユーザーを対象に、「Facebookで、知らない人の誕生日を祝う友人のメッセージが表示されるのが、うっとうしいと思うか?」とアンケート)


 

■なぜ知らない人への誕生日メッセージはウザいのか?

以前、しらべぇでは居酒屋で他人の誕生日サプライズに遭遇することをウザいと感じる人の声を紹介したことがあります。(「欧米化?欧米か!居酒屋で他人の誕生日サプライズに遭遇するのがイヤな人たちの声」)

そこでは、他人への祝福行為が単なるノイズにしか捉えられない人がいることを紹介しました。はたして、こうした感情はネットでも同様なのでしょうか?

というわけで、Facebookで表示される見知らぬ他人への誕生日メッセージをウザく感じる人たちの声をご紹介します。

「誕生日メッセージはたいてい大量ポストされるので、スクロールするときに邪魔で仕方がない。表示を消したいのだが消す方法がわからない」(20代・女性)

「知らない人への誕生日おめでとうメッセージを見つけると、心の中で『誰だよ!』『知らねーよ!』ってツッコむ。個人への祝福を“見える化”しないでほしい」(20代・女性)

「繋がってる友だちが多いとほぼ毎日お祝いメッセージが投稿される。めいめいにとっては365日のなかで貴重な1日なのだろうけど、それを大量に毎日見せられると単純にうっとおしく感じる」(30代・女性)

誰に対しても同じ誕生日メッセージを送っている友人を見ると、この人の誕生日祝いは浅薄なものなんだなと感じる」(30代・男性)

「密かに好きな女のコがFacebookのあらゆる男友達に誕生日メッセージを送りまくっているのを見ると、少し凹む。ああ、ライバルいっぱいって。ビッ〇疑惑も出てしまう」(20代・男性)

誕生日は、1年のなかでその人が主役になれる特別な1日であり、全員に訪れるものです。その意味では、普段の感謝の想いを伝える絶好の機会ですし、誕生日を理由に久々に友人に会えたりといった素敵な機能的価値を持ちます。しかし、いま挙げた声にあるように、そうした営みが友人や知り合いではない場合、ノイズに感じられてしまうようです。

ただし、居酒屋などの現実の空間と異なり、ネット上でのこうしたやりとりは機能的にフィルタリングしようと思えばできるものです。なにを「ウザい」と感じるかはひとそれぞれ。そのため、いろいろな人が交わるSNSでは特に、こうした細かいフィルタリング設定が必要だといえそうです。

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2014年8月15日(金)~8月19日(火)
対象:全国20代~60代 男女Facebookユーザー計596名

(文/しらべぇ編集部

→Amazonおせち料理2023 早割で最大1万ポイントゲット 10/8(土)まで

Facebook誕生日コミュニケーション
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング