しらべぇ

【法律コラム】福岡で高1生徒が逮捕… 替え玉受験はどんな犯罪になる?

コラム

gto

もう少しで夏のドラマも終わり、秋のドラマが始まりますね、弁護士の佐藤大和です。

この夏は、「HERO」、「GTO」、「アオイホノオ」、「水球ヤンキース」など様々なドラマを見ましたが、秋のドラマも「ぬーべー」など今から楽しみです。

さて、今回のテーマは、「替え玉受験」。

先日、福岡県内で、高校1年生の男子生徒らが自動車免許の試験の際に「替え玉受験」をして逮捕されました。ニュースを読む限り、筆記試験を約20回受験しても落ちてしまった少年のため、別の少年がその少年の名前を答案用紙に記入して受験をしましたが、途中で受験票の顔写真と少年の顔が違うことが発覚し、逮捕されてしまったようです。

約20回も受験しているのだから、「もう顔も名前も憶えられてるだろっ!」と、ついついツッコミを入れたくもなりますが…。

この「替え玉受験」、よく漫画やドラマに出てきますね。現在ドラマ放送中であり、僕の大好きな漫画である「GTO」の鬼塚英吉も、教員免許を取得する際に「替え玉受験」をしていました(笑)

では、実際に「替え玉受験」をした場合、どのような犯罪になるのでしょうか?

■有印私文書偽造罪とは?

今回の少年らは、有印私文書偽造・同行使未遂の容疑で逮捕されましたが、そもそも「有印私文書偽造罪」とは何でしょうか?

まず私文書偽造とは、権利義務関係など重要な事項が書かれている文章について、作成権限がない人が他人の名義を勝手に使い、文章を作成することです。例えば、勝手に名前を使われて契約書などの重要な書面を作られることですね。

えっ、そんな人いるの? と思われるかもしれませんが、筆者の弁護士経験から見るに、結構いる印象です。以前びっくりしたのは、交渉の相手方が、筆者の目の前で器用に筆跡をかえて別な人の名前を書き始めたこともありました(苦笑)。慌てて止めましたが…

■替え玉受験は私文書偽造!?

では、なぜ替え玉受験は「私文書偽造」になるのでしょうか?

そもそも、試験の答案(解答)用紙は、権利義務関係など重要な事項が書かれている文章といえるのでしょうか? 直感的には、「試験の(解答)答案用紙って重要かな?」と思いますよね。

でも、裁判において、試験の答案(解答)用紙は試験の合否に関わる学力を証明するものであるから、「社会生活に交渉を有する事項」を証明する文書に当たるとされています。つまり、「試験の合否に関わるんだから、重要な文章ですよ!」といっています。

そのため、替え玉受験は私文書偽造罪になってしまいます。

■学校の入試での替え玉受験は?

学校の入試での替え玉受験についても同様です。裁判例でも、私立大学の入試の際に替え玉受験をした事件について、「替え玉受験」は私文書偽造罪にあたるとしています。

でも、学校の定期テストの場合には重要な文書とは言いにくいため、私文書偽造罪になる可能性は低いと思います。とは言っても、クラス担任が「この生徒、うちの生徒ではない!」とすぐに気付くと思いますし、見つかる可能性が高いため、定期テストで替え玉をする生徒はまずいないでしょうね…。

さて、このように、実際にドラマや漫画にでてくる「替え玉受験」をしてしまうと、犯罪になってしまいますし、替え玉を頼んだほうも共犯として犯罪になります。たとえ友達が合格できず可愛そうでも、決して替え玉受験はしないように!

・合わせて読みたい→【法律コラム】沢尻ドラマ『ファースト・クラス』に登場する嫌がらせは犯罪?

(文/弁護士・佐藤大和

関連記事

人気記事ランキング

アルバイト募集中 WEBエンジニア募集