しらべぇ

タイの「JAPAN EXPO」に潜入!タイでNO.1の超美人コスプレイヤーにも遭遇!!

コラム

1

微笑みの国、タイ。親日国としても知られるこの国で生活していると、「本当にタイ人は日本が大好きなんだなあ」と感じることが多々あります。そんなある日のこと、“タイの新宿”ことサイアムにて「JAPAN EXPO タイランド」が開催されるという情報を耳にしました。

●JAPAN EXPO タイランドとは…

「日本ブームの創出」、現地企業とのマッチングを目的として企画されたカンファレンスイベントのこと。映画、テレビ番組(ドラマ)、アニメ、漫画、ゲーム、音楽、ファッション、キャラクター等のコンテンツ、ならびに日本食や日本文化を紹介している。

これは公式HPを参考にした説明ですが、この説明を読む限り、日本の古き良き文化ではなく“ジャパニメーション”やアイドルのニオイがジワジワしてきます。とはいえ、百聞は一見にしかず。筆者が「JAPAN EXPO タイランド」の会場に到着すると…。やはりそこには、溢れんばかりのコスプレイヤー、アニメやマンガ関連の商品のブースが連なっていました。

これは、コミケだ……。コミケとは、「コミックマーケット準備会」が主催する、日本最大・すなわち世界最大の同人誌即売会『コミックマーケット』の略称。テレビやネットでも見られるあの大イベントの様子が鮮明に浮かびあがってきました。

■まるで縁日!日系メーカーのPRブース

赤提灯がゆらめく巨大スペースでは、様々な日本食の屋台がトコロ狭しと並んでいました。

kigyo

kigyo2
某飲料メーカーの『○ーい!お茶』や、カラダにピースを授けてくれる白い飲み物なども無料で配布されていました。

■クオリティが高すぎるコスプレイヤーたち

JAPAN EXPOの会場は“伊勢丹”に隣接して設けられており、会場のみならず伊勢丹内をも闊歩するコスプレイヤーたち。普通に買い物に来たお客さんも何事かとびっくりしており、こんな光景は日本の伊勢丹ではまず見られないものでしょう。

clo
こちら、何のヤンキー軍団かと思えば、「クローズZERO」のコスプレ軍団。ただ、コスプレはコスプレにすぎないので、殴ったらすぐに倒れそうな人が多くて少し面白かったです。

そしてなかには、可愛すぎて目が離れなくなるようなコスプレイヤーも。

BEAM

BEAM2
こちらの方は、「BEAM SENSEI」というお名前なのですが、なんとFacebookページで9万5000いいね!を獲得している超有名コスプレイヤー。日本語で優しくタイ語を教えてくれるそうなので、タイ語もしくは先生自身に興味のある方はぜひ検索してみてください!

■日本文化大好き!大学生もブースを出店

タイには日本語学部のある大学も多く、“タイの東大”と言われる大学まで熱狂的なブースを数多く出店しています。

daigaku

daigaku2
ブースで何をしているのかというと…。自主制作のTシャツを着ながら、はたまたコスプレをしながら、踊る、踊る、踊る。彼らの熱狂する姿からは、狂気性すら感じました。

以上、「JAPAN EXPOタイランド」の実状をお伝えしました。日本という国がタイでどう捉えられているのかを肌で感じることができ、良い経験となりました。みなさんも旅行先で「JAPAN EXPO」に出会ったら、ぜひ足を運んでみてください。そこは、日本を愛する人々の熱狂に包まれていることでしょう。

・合わせて読みたい→【松澤千晶のアニメめくるめく世界】全日本人に向け…コミケって何が凄いの?

(文/しらべぇ海外支部・みやけよう

 

関連記事

人気記事ランキング

アルバイト募集中 WEBエンジニア募集