【真夏のクリスマス】薄着にBBQ…オーストラリアのクリスマスが羨ましい!

ライフ

2014/12/19 18:00

寒い冬が本格化してきました。気付けばもうすぐクリスマス。街には定番の曲が流れ、赤と緑の装飾が溢れています。若干ひねくれている筆者は、絶対にクリスマスムードに流されないよう毎年強い意志を持っているのですが、無意識に赤のセーターと深緑のバッグを身に付けていたことに気付き、なんだか悔しくなりました。

雨は夜更け過ぎに雪へと変わる可能性があるほど寒いクリスマス…。しかし、南半球のオーストラリアでは、日本とは真逆の「真夏のクリスマス」が楽しまれています

sirabee1219xmas1

 

■タンクトップのクリスマス…

日本と季節がほぼ逆になるオーストラリアでは、12月は真夏の時期になります。なので、サンタの帽子をかぶったとしても、あのモコモコの服は暑くて着ていられません。基本は半袖やタンクトップ。日本では見られない光景なので、なんだか違和感がありますね。

関連記事:お寺のクリスマス事情ってどうなの?あれの代わりになる、もどきレシピとは…

 

■クリスマスの定番料理は、BBQ

オーストラリアで定番のクリスマス料理といえば、BBQ。クリスマスの前に新鮮な魚介類を大量に買っておいて、35度の気温の中、庭や海辺でパーティーをするそうです。

一昔前までは、暑くても、北欧のクリスマスと同じようにローストチキンや冬らしい温かいスープを食べていたそうですが、現在では、若者を中心に冷たいアイスやフルーツ、そしてBBQをメインディッシュにするようになったとか。気温が35度ならば、そうなるのも無理はないでしょう…。

■サンタが薄着

真夏のクリスマスで最も違和感を抱くのが、サンタクロースの衣装。ほとんどの人がイメージするサンタさんは、それはそれは暖かそうな服を羽織っていますよね。しかしオーストラリアでは、赤い衣装を着ているのは同じですが、暑さのため半袖や半ズボンという軽装。「暑い!」と言って、髭もそってしまうのではないかという雰囲気すら出ています…。

サングラスをかけたり、ソリではなくサーフィンで波に乗ったりというパフォーマンスもしているとか。

■とにかくはしゃいでいる

皆さんのなかにも、夏は妙に開放的になり、はしゃぎ過ぎてしまうという人も少なくないと思います。そこに、クリスマスという寒い冬でも盛り上がれるイベントが重なると考えると…。人々のテンションがどうなるのか、想像がつきますよね。

sirabee1219xmas2
こんな風にクリスマスツリー組み体操をはじめてしまう人や…

sirabee1219xmas3
お堅い職業であるはずの警察官も仮装をしています! まさかのはしゃぎように、馬も驚いて「トナカイじゃねーよ!」とツッコむタイミングを見失っていそうです…。

いつか、「日本のクリスマスはちょっと飽きたから、真夏のクリスマスに行ってくるわ」とクールに言い放ち、ホットなオーストラリアに向かってみたいですね!

(文/しらべぇ編集部・八木彩香