韓国で大流行中「モラジュギセルカ」って何だ?109ギャルたちにやってもらった

「セルカ棒」の登場と浸透により、とどまることを知らないセルフィー(自撮り、セルフカメラ、セルカ)ブーム。近頃は、街中でセルカ棒にスマホをセットし、さまざまな建物や風景をバックに楽しそうに写真を撮る若い男女を見かけることも珍しくなくなりました。

そんななか、お隣の韓国から、新たな自撮りの“遊び”が上陸しようとしています。その“遊び”の名前は、「モラジュギセルカ」(몰아주기셀카)です。

これは、集団で自撮り(または普通に写真を撮る)をする際、1人だけがかわいい顔やキメ顔を作り、他の人たちが変顔をすることで、変顔じゃない1人の“かわいさ”や“かっこよさ”をより強調させるように写真を撮るという遊びのことです。


 

■K-POPスターたちが実践

2014年から2015年にかけ、韓国の若者のあいだで爆発的に広まっているこの「モラジュギセルカ」。ブームはスターたちにまで浸透し、人気女性アイドルグループ「Apink」や男性グループ「SHINee」のメンバーたちも、モラジュギセルカで遊んでいる様子を披露しました。

これでさらに火が付き、若い世代のSNSユーザーが続々モラジュギセルカをアップしているのです


関連記事:「美人はモテない」という都市伝説のカラクリが判明!モテてないわけはなく…

 

■日本にも浸透しはじめてる!?

韓国でのそんな動きをいち早く察知したK-POPファンを中心に、モラジュギセルカは日本でも徐々に浸透しはじめているようです。ツイッターやインスタグラムといったSNSを見ると、「いま韓国で流行りのモラジュギセルカをやってみたよ」という内容で写真をアップする女性ユーザーが複数見られ、ネット発での広がりを感じさせます。

そこで今回、日本の流行発信地・渋谷を拠点に、ファッションやエンタメ、グルメなどさまざまな情報を発信するサイト「109ニュース シブヤ編集部」の女性ライターのみなさんに協力してもらい、モラジュギセルカをしてもらいました

morajugi1

morajugi2
(写真下段右から、佐藤あずみさん、来夏さん、高井香子さん、森暖奈さん。上段左から、間宮千陽さん、大江春佳さん、小梛準子さん、蓮岡綾さん)

「変顔を維持するの疲れるけど楽しい!」「キメ顔担当が回ってくるのが面白い!」といった声が次々に聞かれました。もはや変顔ですらかわいいみなさんですが、「変顔のレパートリーも大変だよね」という感想も。(ちなみに、1枚目は森さんが、2枚目は来夏さんが“キメ顔担当”となっています)

日本でもこれから浸透していくかもしれない、このモラジュギセルカ。仲良く平等に“キメ顔担当”を回し、学校の休み時間や女子会、飲み会の際に遊んでみてはいかがでしょうか?

(文/しらべぇ編集部、協力/109ニュース シブヤ編集部