【成瀬心美の嫌よ嫌よも愛のうち】好き過ぎて…セカオワに入る方法を考えてみた!

コラム

2015/01/24 18:00

sirabee0123narusecocomi

みなさんこんにちは、成瀬心美です!

2015年早々、わたしのなかで新たな世界が始まりました。「SEKAI NO OWARI」にハマり、世界が始まったのです!

さて、ベタな言い回しから始めさせてもらいましたが、とにかく“セカオワ”さんが大好きでたまりません。早速ですが、好きな曲トップ3を発表させてもらいますね。順位は付けられないので、3曲並列で紹介したいと思います!

●『RPG』

とにかく、イヤホンで大音量で聴いてほしい1曲ですね。オーケストラサウンドやコーラス団の方々の声、そしていろんな楽器の音がそれぞれ鮮明にビンビン響いてきて、感受性豊かな時は、感動して泣いてしまうほどです!吹奏楽経験もある為、楽器が沢山あるとテンションもあがるー!!! まさにRPGの世界! これを聴いた時、セカオワのみなさんは天才だと思いました。

●『炎と森のカーニバル』

まず、愛する人へ向けた曲というのが素敵すぎます。歌詞を読みこめば読みこむほど、その内容がロマンチックに思えてきて、聴くたびに大好きになる1曲

そして、大の横浜好きであるわたしとしては、みなとみらいのコスモワールドが舞台になっていることも最高! 暖かくなったら、夕方くらいに横浜のあの辺りを散歩しながら大音量でこの曲を聴きたいな。

●『だーごない』

朝に一度聴いたら最後、その日はもうこの曲が耳から離れません。気づけばずっと歌ってしまう中毒性のある1曲ですよね。トランシーバーマイクも素敵!

あ、『Dragon Night』のことです。すみません…。ネットでは「ドラゲナイ」って言われてますよね。「ジャーゴナイ」って呼んでる人もいました。わたしは、「だーごない」です。

そう、この3曲を中心にセカオワライフをおくっているわたしなわけですが、もうここまで好きになると、こんな欲求が出てきてしまうんです。

「セカオワに入りたい」

もう、好き過ぎて入りたいんですよね。もちろん叶わないのは分かってるんですけど、今回は、“なんとかしてセカオワに入る方法”を2つ考えてみました。みなさん、苦笑いしながら読んでやってください。

・セカオワに入る方法1:旗を持つ係になる

『だーごない』で、ボーカルのFukaseさんが旗を持ってますよね。あの姿を見ていると、たまに心配になるんです。腕疲れないかなって…。だから、旗持ち担当のNaruseで加入したいなと思っています。両手でしっかりと、旗を掲げますよ!

・セカオワに入る方法2:ふなっしーでいう“ふなごろー”的なポジションになる

ふなごろーは、ふなっしーの弟さん。わたしは、DJ LOVEさんの妹的ポジション“DJ HEART”になろうかなと。LOVEさんの横でジャンプしながら盛り上げたいです。もちろん、既にピエロのお面をかぶる準備はできてますよ!お面の暑さで汗をかき!!!小顔効果も期待できて一石二鳥!!!

セカオワのみなさま、いかがでしょうか!?

もちろん、冗談でございます…。これからもひとりのファンとして、憧れ続けたいと思います! みなさん、ニューアルバム『Tree』、マストバイですよ!

さてさて、アリーナチケットとらないと。

(文/成瀬心美